≠MEが2月23日、グループの結成3周年を記念したコンサート「≠ME 3rdANNIVERSARY PREMIUM CONCERT」を東京国際フォーラム ホールAで開催。グループ最大規模となる会場で、昼公演・夜公演と、1日で2公演を行い、それぞれ4500人・合計9000人のファンが≠MEの3歳の誕生日を祝いに集結した。

 Overtureでは、ステージサイドに設置されたモニターにこれまでの活動を代表するような映像が映し出され、期待が高まっていく。会場が一気に赤い照明で染まるとステージ 上の白い幕が上がり、2月16日にリリースされたばかりの3rdシングル「チョコレートメランコリー」を初披露。前日の22日にはグループ初となるオリコン週間シングルランキ ング1位の獲得が発表されており、3周年の幕開けに相応しいヒット曲からのスタートを切った。冨田の指の合図で雰囲気が変わると「秘密インシデント」のパフォーマンスへ。

(C)YOANI

 続く「クルクルかき氷」では夏らしいグッズを持って可愛らしいメンバーの姿と、恒例となったウェーブの演出でオーディエンスとの一体感を作り上げた。さらにTikTokで話題 となり1億回視聴を突破した「てゆーか、みるてんって何?」が始まると、会場のペンライトが一気に振られ、センターを務める本田が穴から引っこ抜かれて登場する演出で笑いを誘いながらも、その大バズりっぷりを見せつけた。最後にドヤ顔で決めた本田を、鈴木が両手で大きくよけると「ポニーテール キュルン」がスタート。センターの鈴木が、会場を圧倒的な可愛い空間に作り上げ魅了した。

(C)YOANI

 MCに入るとリーダーの蟹沢が「ついに明日2月24日で≠MEが結成3周年を迎えることになりました! 3周年をこうして皆さんと一 緒に迎えられて本当に幸せな気持ちでいっぱいです!」と感謝を伝え、メンバー一人一人が自己紹介とともに、ファンへ“ありがとうメッセージ”を綴り、本田は会場のペンライトを「誕生日ケーキのロウソクみたいで嬉しいです!」と例え、笑顔を見せた。ふたたび蟹沢から「4年目ももっと楽しい時間を一緒に過ごせるよう、お休み中の櫻井ももちゃん も合わせて12人、気持ちを一つに頑張っていきたいと思います。」と意気込んだ。

 楽曲パートへ戻ると「誰もいない森の奥で一本の木が倒れたら音はするか?」のイントロが流れるとともに、ステージの白い幕の向こうに5人の影が映し出された。昨年11月に公開された映画「スパゲティーコード・ラブ」の挿入歌として起用された≠MEのユニット曲 だったが、これまでパフォーマンスが行われておらずついに待ちに待った初披露を迎えた。

 続けて冨田がソロ曲「空白の花」をステージセンターで堂々と歌い上げ、その歌唱力に圧倒された会場から暖かい拍手が起こった。しっとりとした空間から一変、またまた初披露となるユニット曲「#おふしょるにっと」で明るい空間へ。尾木・菅波・鈴木・谷崎が 解禁したばかりのミュージックビデオと同じ”オフショルニット”衣装での登場に加え、甘いセリフの連発であざとさを全開に見せつけた。続くダンスパートではセットをふんだんに使って3階や花道までスポットライトで照らされたメンバーが一人一人バキバキに踊る中、ダンスを得意とする落合がセンターでその実力を遺憾なく発揮。続けて同じくダンスを得意とする冨田の登場が圧倒的センター感をまとい、メンバーを引き連れるような演出で魅了。

(C)YOANI

 さらにはセンターのLEDが光の中で大きく割れると、そこにはポーズを決めた 永田の後ろ姿が。曲に合わせて振り向くと、息を飲むようなキメキメの激しいダンスを披露。永田の合図に合わせて炎が舞ったかと思えば、そのまま永田のセンター曲「ワタシアクセント」へ。ステージ上で永田が操るような炎の演出でド派手にパフォーマンス。昨年開催の「イコノイフェス 2021」での初披露以来、ここまで披露されずにいた理由が確か にそこにはあった。そのまま≠MEの代表的なダンスナンバー「P.I.C.」に突入。強いイメージのある楽曲だが、制服衣装で新しい一面を見せ新鮮さを感じさせた。

(C)YOANI

 メンバーが一旦ハケると、ステージ上には3周年をお祝いする映像が流れ、客席には感極まって涙する姿も。新衣装に着替えたメンバーが登場すると、初のオリジナルソングである「≠ME」の パフォーマンスから、念願のリリースだった1stシングル「君はこの夏、恋をする」の披露に、エモーショナルを感じずにはいられない。歌詞に共感を得たファンも多い谷崎センターの「超絶ヒロイン」、同じく谷崎と冨田のダブルセンター「好きだ!!!」と続き、『「君の音だったんだ」』では古くから≠MEを応援してきたファンは熱い気持ちに なったに違いない。『「君と僕の歌」』では“大きいステージへ連れて行く”という印象的なフレーズが、どんどん会場を大きくレベルアップしていく嘘のない≠MEの姿にぐっと来る瞬間を作り出し、さらにはメンバーが客席と一緒にLEDに映る演出が盛り込まれ、これからもファンと共に歩んでいく姿を表現しているかのようだった。

(C)YOANI

 惜しみ無く2ndシングル「まほろばアスタリスク」とシングル曲を披露し、続けて初の川中子センター曲「君はスパークル」を初披露。MV解禁時に、自身の初センターをファンへ報告できたことを涙を流して喜んだ川中子の姿が記憶に新しいだけに、彼女の堂々とした歌声が感動的だった。本編最後となったMCでは、≠MEでセンターを務める冨田が言葉を詰まらせながら 「なかなかうまくいかないこともたくさんあったんですけど、みんなで頑張って乗り越えてこられて本当に良かったです。私たちは指原さんには≠MEを作って良かったなって思って欲しいです。そしてマネージャーさんや私たちに関わってくださる全てのスタッフの皆さんにはやってて良かったって思って欲しい。そして、なんと言ってもいつもこうやって応援してくださるファンの皆さんには、≠ME最高じゃん!って思ってもらえるように、これから4年目も12人全員で力を合わせて走っていきます! いつかみんなで夢が叶うその瞬間を、この目で見たいです。私たちの夢を一緒に叶えにいきましょう!約束してくれますか?(会場から拍手)ありがとうございます!」と涙ぐみながらに話した。

 最後の曲「虹が架かる瞬間」では休養中の櫻井ももが歌うパートをあえて“誰も歌わない”演出となっており、冨田が話したように櫻井の復帰を待つかのような、もも色のスポットラ イトを11人が囲む演出がなされた。最後に川中子から本日の感想があり「本日は3周年ということで、ずーっと前から応援してくれてる方も、最近好きになったよーって方も、全員で今日こうして皆さんと一緒の空間でお祝いできたことが嬉しいです!」と笑顔で話し、本編が終了した。

 コロナ禍で声が出せない客席からは、手拍子とペンライトのアピールでアンコールが行われた。それに応える形でステージには≠MEメンバーが登場。本日2度目となる「てゆー か、みるてんって何?」に合わせて、メンバーがステージ上を自由に動き回り、客席へ手を振ったりアイコンタクトをとるなどし、ファンサービスをおこなった。TikTokをきっかけにコンサートへ足を運んだファンも多い中で、「みる何」が2度聞ける嬉しいサプライズとなった。

 さらに「ミラクル!」でハッピーな空間に仕上がったあとは恒例のカメコタイムでステージ上での集合写真を撮影。谷崎は「私たちにとって≠MEは青春なんですけど、皆さんにとってもノイミーが青春だったらすごくすごく嬉しいです。皆さんは楽しんでいただけましたか?これからも私たちと青春を作っていきましょう!みんなのマスク越しの笑顔とか、綺麗なサイリウムの景色を見て、改めて≠MEに慣れて良かったなと感じました。今日はありがとうございました!」と笑顔で会場に感謝を伝えた。

 そして冨田が次の曲振りをしようとした瞬間、ステージのスクリーンに突如「特報」の文字が。メンバーもしゃがんで画面を見守る中でサプライズ発表がされ、2022年5月に舞台『≠ME ACT LIVE「おジャ魔女どれみドッカ~ン!」』の上演が決定。メンバーは驚きの表情で ファンと喜び、本田が「一つ言っていいですか!」と挙手をしたかと思いきや、「びっくりびっくりBIN BIN!!」と歌い出し、笑いをさらった。リーダーの蟹沢は「ということで 舞台とライブを2部構成で行うことが発表されました!本当にありがとうございます!」と嬉しさを表した。なお、舞台の配役等の詳細は、後日発表される。

(C)YOANI

 冨田の元気な曲振りで「自分賛歌」がパフォーマンスされ、感動に包まれる中で「≠ME 3rdANNIVERSARY PREMIUM CONCERT」の幕がおりた。 ≠MEは2019年2月24日に結成。2021年4月にキングレコードより念願のメジャーデビューを果たし、これまでにミニアルバムを1枚、シングルCD3枚を発売。4年目となる 彼女たちの活躍に期待が高まるばかりだ。なお、本公演は新型コロナウイルス感染拡大予防対策ガイドラインに基づき開催された。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)