ゆずが、大晦日に放送される『第72回NHK紅白歌合戦』で、フラワーアーティスト・東信氏(あずままこと)と一夜限りのSPコラボステージを披露することが決定した。

 そして、今回の紅白のメインステージのフラワーアートも東信氏がプロデュースする。

 ゆずと東信氏はかねてから親交があり、2008年に発表されたゆずのアルバム&ツアーのメインビジュアルを東信氏が担当。

 2015年には横浜で開催されたスタジアムライブのステージを200種類以上の植物で作りあげ、ゆずのデビュー20周年の2017年には、ゆずのマスコットキャラクターとアート・コラボレーションを行うなど、さまざまな切り口で共に創作活動を行い、時代を歩んできた。

 そんな縁もあり、紅白での“再共演”が実現。東氏プロデュースによるメインステージに加え、ゆずの歌唱シーンでは、さらに華やかな演出を予定。ゆずが着用する衣装にも花が添えられ、ステージ全体が“カラフル”に。代表曲のひとつ『虹』を、今年の紅白ならではの彩り豊かなステージで届ける。

東 信(あずままこと)プロフィール

東信

フラワーアーティスト。
2002 年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。2005 年よ り、こうした花屋としての活動に加え、花・植物による表現の可能性を探求し、彫刻作品ともいえる造形表現を始める。ニューヨークでの 個展を皮切りに、ヨーロッパやアメリカを中心に先鋭的な作品を数多く発表するほか、2009 年より実験的植物集団「東信、花樹研究所 (AMKK)」を立ち上げ、世界各地の美術館やアートギャラリー、パブリックスペースなどで作品発表を重ねる。近年では人と花の接点を 模索するプロジェクトも精力的に展開。独自の視点から植物の美を追求し続けている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)