堂珍嘉邦が、2022年2月9日にプラネタリウムでの暗闇ライブ「『LIVE in the DARK』を行うことが2021年12月24日、わかった。

 ライフワークの一部と位置付けるプラネタリウムでの暗闇ライブ「『LIVE in the DARK』。2021年7月の福岡/東京での公演を経て、再び堂珍嘉邦がプラネタリウムのステージに登場する。

 本公演ではサポートメンバーに石井マサユキ(Guitar)、渡辺シュンスケ(keyboards)を迎え、一夜限りのパフォーマンスを行う。過去の公演で人気の高い楽曲を中心にしたセットリストを披露する予定。

 現在、ロックバンド“スキップカウズと共に“SMILE”“SHOGUN”そして“スキップカウズ”ナンバーをセッションした”堂珍嘉邦オフィシャルファンクラブ“Drunkboat”2021年大忘年会もアーカイブ配信中(12月24日 23:59まで)。

堂珍嘉邦とスキップカウズ

 そして、明日から『堂珍嘉邦 LIVE 2021 “Now What Can I see ? ~Holy Garden~” 』ライブが配信され、クリスマス・ナイトを彩る。バンマスに、変幻自在に鍵盤で曲を彩るDr.kyOn(Keyboards, Backing Vocal)を迎え、木暮晋也(Guitar, Backing Vocal)、真城めぐみ(Backing Vocal, Percussion)、砂山淳一(Bass)という布陣。選曲も意外なクリスマス・ナンバーをセレクトという情報も。

『堂珍嘉邦 LIVE 2021 “Now What Can I see ? ~Holy Garden~” 』

 現在、CHEMISTRYの代表曲を“origami PRODUCTIONS”クリエイターにてリメイクするシリーズが好評配信中。来年にはベストアルバム『The Best & More 2001~2022』リリース、CHEMISTRY 20th anniversary LIVE最終章として武道館公演「PIECES OF A DREAM」を控える。

 ソロデビュー10周年を2022年に控え、堂珍嘉邦の活動がさらに活発化していくとの事。

公演情報

『LIVE in the DARK w/堂珍嘉邦』
出演:堂珍嘉邦
Guitar:石井マサユキ / Keyboards:渡辺シュンスケ
日程: 2022年2月9日(水)
時間:1st Stage 18:00開演(17:30開場) / 2nd Stage 20:00開演(19:30開場)
料金:一般シート:8,500円(税込) / 三日月シート:18,000円(税込) ※2名掛け・各公演3席限定
※『三日月シート』は一枚のチケット料金に大人2名様分の鑑賞料金を含んでいます。
場所:コニカミノルタプラネタリウム天空 in 東京スカイツリータウン(R)
主催:コニカミノルタプラネタリウム天空

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)