乃木坂46初のベストアルバム「Time flies」(12月15日発売)の発売を記念して、12月10日16時46分に、東京タワーが乃木坂46仕様でライトアップされた。乃木坂46から秋元真夏・北野日奈子・与田祐希・賀喜遥香が点灯式に参加した。

 東京タワーが乃木坂46のグループカラーでもある紫一色となり、展望台の南面デッキには、「46ベスト」の窓文字も告知された。

乃木坂46仕様にライトアップされた東京タワー

 キャプテン秋元真夏は、「今年はグループ10周年という節目の年で、メンバーが一致団結した年でした。子供の頃にキューティーハニーのイベントで通ったこの東京タワーがライトアップされ、本当に感動しました!」

 2期生の北野日奈子は、「東京タワーには子供の頃、祖父母に連れてきてもらった思い出があります。ベストアルバム「Time flies」には、2期生曲「ゆっくりと咲く花」が初めて製品化として収録したので、是非チェックして欲しいです!」とアピール。

 3期生の与田祐希は、「東京タワーは色々な所から眺める事が出来るので、色々な場所からファンの皆さんとこの東京タワーのライトアップを共有できるのがとにかく嬉しいです!」
そして4期生の賀喜遥香は、「東京タワーは東京の象徴でもあるので、すごくワクワクしていましたが、点灯した東京タワーを間近で見て、本当に感無量です!」と語った。

点灯式に参加した秋元真夏・北野日奈子・与田祐希・賀喜遥香

 このライトアップは一夜限りで、本日24時に消灯するが、乃木坂46からひと足早いクリスマスプレゼントとなった。

 なお来年の2022年初頭(日程未定)に、東京タワーの展望台にて、乃木坂46のパネル展示・衣装展示が行なわれる予定。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)