NHK WORLD-JAPAN presents『SONGS OF TOKYO Festival 2021』が11月20日から4日間にわたってNHKワールドJAPAN(国際放送)で放送されることが11日、わかった。併せて出演アーティスト全17組も発表された。(※総合テレビは放送日程が決まり次第、発表)

 2018年から放送がスタートし、日本の音楽を世界に発信している「NHK WORLD-JAPAN presents SONGS OF TOKYO」。2019 年 4 月からレギュラー放送も始まり、最先端の JPOP を NHK の国際放送=NHK WORLD-JAPAN で世界に発信し続けています。そして番組恒例、年に一度の「フェスティバル」5回目の放送が決定しました。いま、世界中 で熱狂的なファンを増やし続けている日本の音楽・J-POP、そして日本のトップアーティストたちが「音楽」で、コロナと戦う 世界へ熱いエールを送る。

 パフォーマンスを収録した NHK のスタジオ、アーティストの眼前には常時オンライン接続された世界中の JPOP ファンが映し出されました。コロナに負けず、音楽で絆を伝えあう、画期的な「デジタル音楽祭」の実現。世界の裏側ともネットでつながることで、登場したアーティスト全 17 組は、地球規模で同時に世界の JPOP ファンと語り合い、日本のカルチャーへの想いを受け取り、世界へ向けて自分たちのメッセージを発信した。

 新しい時代のシンボリックなイベントとなった、この“デジタル音楽祭”は、NHK の国際放送「NHK ワールド JAPAN」で11月20日から4日間にわたって放送される。番組のホストは、レギュラー同様、村上信五が担当。また、ホラン千秋もコ・ホストとして加わる。

(ゲストアーティスト・五十音順)

[Alexandros]
ウマ娘
関ジャニ∞ Feat. Lil かんさい & AmBitious / 関西ジャニーズ Jr.
鬼頭明里
櫻坂46
ジェニーハイ
女王蜂
CHAI
NEWS
花澤香菜
PUFFY
ミドリーズ
yama
L’Arc-en-Ciel

スペシャル企画「シティポップ特集」

 いま世界が夢中になっている日本の「シティポップ」を今年話題の若手アーティストがカバー。音楽プロデュースは山下達郎バンドのギタリスト佐橋佳幸。彼の呼びかけで日本を代表するレジェンドミュージシャンたちが 一夜限りのスペシャルバックバンドを結成

川崎鷹也「RIDE ON TIME」(山下達郎)

加藤史帆・齊藤京子(日向坂46)「プラスティック・ラブ」(竹内まりや)

MORISAKI WIN「真夜中のドア~stay with Me」(松原みき)

番組情報

NHKワールドJAPAN(国際放送)と総合テレビで放送
放送予定
<NHKワールド JAPAN>

Part1⇒11/20(土)前9:10~9:59、15:10~、21:10~、翌日3:10~
Part2⇒11/21(日)前9:10~9:59、15:10~、21:10~、翌日3:10~
Part3⇒11/27(土)前9:10~9:59、15:10~、21:10~、翌日3:10~
Part4⇒11/28(日)前9:10~9:59、15:10~、21:10~、翌日3:10~

放送同時ストリーミング:日本国内でも上記放送時間帯に同時ストリーミング配信:「NHK ワールド JAPAN」HP またはアプリで視聴可能 「NHK ワールド JAPAN」

HP:https://www.nhk.or.jp/songsoftokyo/

「NHK ワールド JAPAN」アプリ:NHK WORLD-JAPAN(ダウンロード方法:https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/ja/app/ )

※各アーティストの出演回は、決定次第番組 HP 等でお知らせ
<総合テレビ>※こちらも放送日程が決まり次第、発表。
Host: 村上信五 Co-Host:ホラン千秋

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)