佐野勇斗演じる橘一星(日本テレビ)

 【ネタバレあり】24日放送された日本テレビ日曜ドラマ『真犯人フラグ』(毎週日曜よる10時半~)第3話で、佐野勇斗が演じるITベンチャー企業プロキシマの社長・橘一星が、失踪した相良凌介(西島秀俊)の娘・光莉(原菜乃華)の彼氏であることが判明した。意外な正体にSNSでは反響の声が上がっている。

 1年ほど前に偶然同じパン屋で出会い、一星がストーカーにつけられていた光莉を助けたことがきっかけで、一緒にパンを食べる仲になった2人。ある時、小さい頃に出て行った一星の父親から会いたいと連絡があり、会いに行こうという母と一星がもめてしまう。それを知った光莉は一星の母に会いに行き、父親がいなくても立派に育った一星を見せつけてやりたいんだ、という母の想いを一星に伝え「お母さんのためにも会いに行って欲しい」と背中を押す。そんな優しく真っ直ぐな光莉に惹かれ、付き合うことになったというピュアな2人の恋愛エピソードが描かれた。

 凌介に協力することになった一星のスマホに、カップル専用アプリの通知が届き、光莉の携帯が群馬の山奥にあることがわかる。その場所へ捜索に行くと、光莉の姿はなくスマホだけが落ちていて、近くからは凌介の妻・真帆(宮沢りえ)の結婚指輪が発見された。なぜ、そこに携帯電話と結婚指輪があったのか? 真犯人の意図とは一体?

 一星と光莉の意外なつながりは放送後から話題になり、ツイッターでは「佐野勇斗」がトレンド入り。

 光莉との恋愛エピソードが描かれたシーンでは、「こりゃもう“いっちん”呼びだな」「まじで少女漫画の展開」「佐野勇斗イケメンすぎん?」「こんなイケメンいたら誰でも告るわ」「なにこの 爽やかな笑顔」「可愛いお顔したえくぼのある笑顔からの怖い顔はギャップすぎる」「もう色々と感情がやばくて寝れない」などの声が上がった。

 また、同日配信されたHuluオリジナルストーリー『週刊追求プレミアム』の第1弾、一星と光莉の「知られざる関係性」に迫った回も好評を得ており、ツイッターには「これは神回ですわ」などのツイートが相次いだ。

 『週刊追求プレミアム』は、ドラマ本編で炊飯器失踪事件を追う「週刊追求」編集部が、各話、事件に関係する1人の登場人物にフォーカスを当てて独占&徹底取材する。一星がターゲットとなった第1弾の今回は、偶然から生まれた光莉との出会い、2人が急接近することになったストーカー事件、紆余曲折を経た交際までの道のりなど、父親である凌介が一切気付かなかった、2人の恋の軌跡に迫っている。

 その一星を演じる佐野勇斗はいま勢いに乗っている若手俳優の一人。TBS日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』にメイン出演し、TBS日曜劇場『ドラゴン桜』では、主人公・桜木の元教え子・米山を、ミステリアスさを含ませた芝居で好演。ラストの大逆転劇は、大いに話題になった。

 『真犯人フラグ』では、怪しいと思う人に投票しランキング形式で毎週結果を発表する企画「#みんなの真犯人フラグ」第1回目の結果で、一星が全体の31%の票を集め1位となり、注目を集めていた。そのなかで迎えた第3話。存在感を放つ佐野演じる一星は今後どのように絡んでいくのか。一層の注目が集まる。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)