今年デビュー20周年を迎えたCHEMISTRYが、20周年を記念したスペシャルな企画を発表した。代表曲の数々をリメイクし、10月27日を皮切りに、年内に続々と配信されるというプロジェクトだ。

 リメイクを手掛けたのは、星野源、official髭男dism、あいみょんなどの楽曲も手掛ける話題の音楽集団“origami PRODUCTIONS”。

 デビューシングル「PIECES OF A DREAM」を筆頭に、初期の代表曲5曲が2020年代のスタイリッシュなサウンドにアップデートされ、堂珍と川畑が新たにヴォーカルをレコーディングした。

 第一弾配信となる「PIECES OF A DREAM feat. mabanua」は10月27日配信。サウンドプロデュースをつとめたのは、これまでChara、星野源を始めとする数々のアーティストの作品を手掛け、多数のCM楽曲や映画、ドラマ、アニメの劇伴にもたずさわるプロデューサー/ドラマーのmabanua。

「PIECES OF A DREAM feat. mabanua」ジャケ写

 また今回、配信用のジャケットを手掛けるのは、映画「花束みたいな恋をした」で劇中に登場するイラストも記憶に新しい人気イラストレーター・朝野ペコ。

 オリジナルジャケットをイラストで再現したスタイリッシュな連作で、今回「PIECES OF A DREAM feat. mabanua」のイラストが公開された。

 なお、CHEMISTRYは8日より全国ツアー「CHEMISTRY 20th anniversary TOUR~第三章~『This is CHEMISTRY』」をスタートさせる。

作品情報

◆配信シングル

10/27「PIECES OF A DREAM feat. mabanua 」

11/10「Point of No Return feat. 関口シンゴ」

11/24「You Go Your Way feat. Shingo Suzuki 」

12/1「君をさがしてた feat. Michael Kaneko, Hiro-a-key 」

12/8「My Gift to You feat. Kan Sano, Hiro-a-key」

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)