畠山愛理/『ar』6月号(主婦と生活社)