スリー・ピース・ロックバンド:WANIMAが、東京 2020 NIPPON フェスティバル主催プログラム「わっさい」に「和心」という楽曲の提供を発表した。

 【東京2020 NIPPON フェスティバル】とは、世界の注目が日本・東京に集まる2021年4月頃から9月頃にかけて実施する、東京2020大会の公式文化プログラムであり、日本が誇る文化を国内外に強く発信するとともに、共存社会の実現を目指して多様な人々の参加や交流を生み出すことや、文化・芸術活動を通して多くの人々が東京2020大会へ参加できる機会をつくり、大会に向けて期待感を高めることを目的としている。

 その中のプログラム「わっさい」は【世界はもういちど、「わ」になれる。オリンピック ・パラリンピックで交流するのは世界中のアスリートだけでなく子どもたちを始め、誰もが文化交流できる場所。みんなでバーチャルに「わ」になり歌って踊って、一生モノの思い出をつくりましょう。全人類に、祝福を。】というコンセプトのもと、オンラインで開催される特別なお祭り。

「わっさい」

 そしてこのイベントに提供された「和心」は世界中の老若男女、誰もが親しみと温かみを感じ取れるような普遍的なメロディーが特徴的で、WANIMAには珍しく和楽器を使用したサウンドアレンジがオリエンタルな世界観を創り上げている。

 また、この「和心」に乗せた“ダンス動画”が公開された。

 この踊りの振り付けは、次世代の表現者であるアオイヤマダ氏と高村月氏が、オンラインで世界を「わ」にする踊りを制作致しました。前衛的でありながらも皆が笑顔になるような馴染み深いダンス動画になっており、約3か月後のオンライン・イベント開催に向けて世界に配信される。

【Message from WANIMA KENTA】

 「和心」を東京2020 NIPPONフェスティバル「わっさい」に提供できる事となり非常に嬉しく思っております。日々状況が変わる生活の中ではありますが変わらず日本に溢れる和の心を大切にしたいと思いました。

 少しでも和を感じて頂けるように和楽器奏者の皆さんの力をお借りして曲が出来上がりました。「和心」と「わっさい」で生まれる「和」が世界の皆さんに届き、大きな「輪」になるよう歌えたら幸いです。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)