藤岡藤巻

リハーサルのもよう。「風に吹かれて」にて