King & Prince

 2018年5月23日、「シンデレラガール」で華々しいデビューを飾ってから3年。King & Princeの新章が始まろうとしている。デビュー3周年を迎える5月23日、公式Twitter、Instagram、YouTubeチャンネルを同時開設。コロナ禍で鬱屈とした雰囲気のなか、彼らを近くに感じることができるSNS開設は、ファンにとっても嬉しい知らせだったことだろう。「世界進出」を目標に掲げる彼らにとっても、全世界にパフォーマンスや魅力を発信できる場所ができたことは、プラスに働くことに違いない。

 近年、嵐や関ジャニ∞、木村拓哉や堂本剛などジャニーズ勢のSNS解禁が進んでいる。彼らと同世代のSixTONESやSnow Manも、YouTubeやInstagram、Weibo(中国版Twitter)で発信の場を設けてきたが、これまでKing & Princeが独自のSNSを持つとはなかった。

 そんな彼らは、デビューから先月リリースの7thシングル「Magic Touch/Beating Hearts」までオリコン週間シングルランキング1位をキープし、7作連続で初週30万枚を突破させている。SNSが解禁されたことで、より彼らの魅力が世間に伝わりやすくなり、今後更なる売上伸長が期待される。そして、YouTubeチャンネルでは、これまでリリースしたシングル曲のMV(ミュージックビデオ)の「YouTube Edit」も公開されており、ファンが周囲に「このパフォーマンスみて!」と勧めることも容易になる。

 5月30日には、タキシード姿で初のインスタライブも行った。SNSを解禁したことで、より距離感は近くなるが、憧れを抱く“王子様”というイメージが変わらないのも彼らの良い所だ。その配信で、7月21日にアルバム「Re:Sense(読み:リセンス)」をリリースし、同作を引っ提げたツアー『King & Prince CONCERT TOUR 2021~Re:Sense~』を行うことも発表された。

 また、8月21〜22日に放送される日本テレビ系チャリティー特番『24時間テレビ44』では、グループとして初のメインパーソナリティを務めることも決定している。リーダーの岸優太は、昨年に続き2度目になるため、彼の“しっかり者”な一面も垣間見えるかもしれない。今年の夏は、“ティアラ”(=King & Princeファンの総称)にとって、暑い季節になりそうだ。【菜本かな】

筆者紹介

かなぴす メディア学科卒のライター。19歳の頃から109ブランドにてアパレル店員を経験。大学時代は学生記者としての活動行っていた。エンタメとファッションが大好き。ツイッターは@kanawink

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)