和田アキ子が17日、デビュー50周年記念アルバムとしてリリースする新旧グラミー受賞曲のカバーアルバム『WADASOUL COVERS ~Award Songs Collection』(24日発売)について自身のブログで語った。和田は世界中で有名な曲をカバーするにあたり発音の勉強をしたことを明かし、「歌手生活50年のうちで、一番勉強した気がします」と語っている。

 今作では、1962年のレイ・チャールズ「I Can't Stop Loving You」や2010年のアデル「Rolling In The Deep」など新旧グラミー受賞曲を和田がカバー。グラミー賞受賞者でもあるランディ・メリル氏がマスタリングを担当している。

 和田はブログで「歌手生活50年のうちで、一番勉強した気がします。だってグラミー賞受賞アーティストの曲ってことは全世界の人が知ってる曲ってことでしょ? こんなにイチから発音の勉強したの初めてですよ(笑)」と明かした。

 さらに、レコーディングを振り返り「この歳になって英語のラップに挑戦するとは思いませんでしたしね(笑)。とは言え、自分なりに楽しくレコーディング出来ました。グラミー賞曲にリスペクトしつつ、でも、ただのモノマネにならないよう、和田アキ子らしさをちゃんと出せたカバーになったと思います」と作品に自信を見せた。

 また、リード曲となるマーク・ロンソンのカバー「Uptown Funk」の先行配信が17日にスタート。和田アキ子節が炸裂のファンキーなラップが印象的だ。

 なお、iTunesではアルバム『WADASOUL COVERS ~Award Songs Collection』の予約注文もスタート。iTunesでの通常価格は1800円(税込)だが、iTunesで予約注文すると1000円で同アルバムが購入可能。さらには「Uptown Funk」が先行トラックとして予約時に入手可能となる。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)