ハロウィーン仮装をしたDAIGOと金爆。エキセントリック全開の金爆にDAIGOも「ロックって、カッコつけるもんじゃないのかな笑最高」(DAIGOのインスタグラムより)

ハロウィーン仮装をしたDAIGOと金爆。エキセントリック全開の金爆にDAIGOも「ロックって、カッコつけるもんじゃないのかな笑最高」(DAIGOのインスタグラムより)

ハロウィーン仮装をしたDAIGOと金爆。エキセントリック全開の金爆にDAIGOも「ロックって、カッコつけるもんじゃないのかな笑最高」(DAIGOのインスタグラムより)

 BREAKERZのDAIGOとゴールデンボンバーによる“ハロウィーン仮装”が反響を呼んでいる。モンハンのキャラクターに扮したDAIGOと、エキセントリックなキャラに扮した金爆の4人。DAIGOは「ロックって、カッコつけるもんじゃないのかな」と、その異色コラボに困惑のコメントを寄せたが「最高!」とも。ハロウィーンの楽しさを謳歌しているようだ。

【写真】昨年の金爆のハロウィーン仮装

 DAIGOと金爆は、28日に開催されたVAMPS主宰のハロウィーン・イベント『HALLOWEEN PARTY 2016』に出演。それぞれハロウィーン仮装で自らを彩っている。

 昨年もこのライブに参加したDAIGO。その際、「モンスターハンター」の衣装を身にまとい多くの反響をさらったが、今年もDAIGOはモンハンのゴージャスな装備を施したハロウィーン仮装を披露。毎年、扮するコスプレの完成度が高いことで知られるDAIGOだが、今年もまさに“キマッタ”といえそうなカッコよさが全面に押し出されたスタイリッシュさが特長だ。

 一方の金爆だが、DAIGOの“カッコよさ”とは一転、持ち前のエキセントリックさが全開になっている。昨年も「仮想センスが一線を画している」と話題になっていた金爆は、樽美酒研二が「ピンクパンサー」、喜矢武豊が「進撃の巨人の普通の巨人」、鬼龍院翔が「ど根性カエル」、そして、歌広場は「ラッキーマン」に仮装し、異色のコスプレセンスを惜しげもなく披露している。

 その金爆との5ショット写真をDAIGOは28日夜、自身のインスタグラムで公開。中央に陣取ってポーズを作り、鋭い視線をカメラに向けて投げかけるスタイリッシュなDAIGOの横で、金爆の4人は自らが何者であるかを紹介するように、仮装したキャラクター名称を書いた紙を掲げ持っている。

 この異色すぎるコラボレーションにDAIGOは「ロックって、カッコつけるもんじゃないのかな」と困惑のコメントを投稿したが、「笑」のマークを付けて「最高!」とも記し、仲の良いことでも知られる金爆との共演に感無量の様子だ。

 これにはファンも反響の声を挙げ、「DAIGOとキャンさんしか分からない」「ど根性ガエルこわい。笑」「仮装っていうかもはやコスプレ」「やばおもろすぎ!」「DAIGOさん毎年ハロウィンの時期めっちゃ楽しそう」「DAIGO君ステキ~」などと、驚きと感嘆の声を飛ばし、異色のコラボレーションを大いに楽しんでいる。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)