ランウェイのトップバッターを飾った北海道・東北エリア代表で北海道出身、高校3年生のマユさん

 “日本一かわいい女子高生”を決めるコンテスト「女子高生ミスコン2022」のファイナリストによる最終審査が4日、都内で行われ、中国・四国エリア代表の“はるち”さん(山口県出身、高校1年生)がグランプリに輝いた。準グランプリには“こはるん”さん(福岡県出身、高校2年生)が選ばれた。

 【動画】制服姿でランウェイを歩くファイナリスト

 昨年12月からエントリーは始まり、最終審査まで約1年かけて取り組んできた。この日、1年を通して行われてきたコンテストの締めくくりとしてファイナリストたちは思い思いに各審査に臨んだ。

 冒頭に行われたのは制服を着たランウェイ。この日を迎えるまでにトレーニングに励んできた彼女たち。その努力はハツラツとした笑顔でのランウェイなどに結ばれた。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)