(C)2023「ヴィレッジ」製作委員会

 奥平大兼が、横浜流星主演の映画『ヴィレッジ』(藤井道人監督、2023年公開)に出演することがわかった。

 とある日本の集落・霞門村(かもんむら)を舞台に、そこで生きる人間たちの、きれいごとだけでは生きていけないリアルな姿を描く、現代日本の縮図を描いた異色のサスペンス・エンタテインメント。

 奥平は、借金返済のため、主人公の片山優(横浜流星)と共にゴミ処理施設で働く青年・筧龍太役を演じる。

奥平大兼:コメント

 流星さんとはこの作品のクランクイン前に1度だけお会いしたことはあったんですけど、お芝居を直接見たことがなくて、今回実際にお芝居を一緒にやって、改めてすごい先輩だなと感じました。すごくかっこいいし優しかったし、駄目なとこないじゃんと、これはちょっと惚れちゃうと思いました。藤井監督は、全て答えを持っていて、すごく心強かったし、だからこそ藤井監督からこういう風にしてみてと言われたら素直に納得できました。自分が疑問に思うようなことが1回もこの現場でなくて、今までにないような感覚でした。先輩の流星さんや沢山の役者さんたちがどういうお芝居をしてるのか、藤井監督が映画としてどういう風に成り立たせるのかなっていうのは、今までとは違う気になり方をするような現場だったので、この映画がどういう風に出来上がるのか楽しみです。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)