橋本環奈

 橋本環奈、眞栄田郷敦、山本舞香、醍醐虎汰朗、横田真悠、羽住英一郎監督が15日、都内で行われた映画『カラダ探し』公開記念舞台挨拶に登壇した。この日は主題歌「行方知れず」を担当したAdoが音声でメッセージを寄せた。その肉声に主演の橋本、そして山本は声を揃えて「かっこいい」と絶賛した。

 本作は、携帯小説で話題になり2014年には村瀬克俊氏による漫画版が『少年ジャンプ+』(集英社)で連載され、コミックスはシリーズ累計発行部数340万部を突破した同名ホラーの実写化。“カラダ”を探す高校生役を、橋本環奈、眞栄田郷敦、山本舞香、神尾楓珠、醍醐虎汰朗、横田真悠が演じた。

 主題歌「行方知れず」を担当したAdoは音声メッセージを通して「びっくりする描写もあったり、グロティクスな描写は刺激的でした。でもその中でも高校生の青春がホラーの描写を引き立たせ、その青春の描写も美しくて素晴らしい作品になっています」

 そのAdo。自身の青春については「小学生ぐらいの時に、友人とよく市民プールに行ってその帰りにアイスを食べていた記憶があります。願わくば戻りたいですが、そんなこと言ってもしょうがないので」と明かし、改めて「この作品は何度見ても楽しめる作品になっています」と絶賛した。

 このメッセージを受け橋本は「まず音声が流れた瞬間に舞香と『声がかっこいい』って」とし、「というのもありましたが、市民プールにAdoさん行くんだっていう。歌い手としての爆発的ないろんな曲を歌い分けているイメージなので『そっか普通にリアルに生活していて小学生の時友達の市民プール行くんだ、一緒だ』という気持ちになりました。この作品が良かったと言ってくれて嬉しい気持ちになりました」と明かした。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)