(C) 2022「マイスモールランド」製作委員会

 嵐莉菜が5日、韓国・釜山で幕を開けた『第27回釜山国際映画祭』のオープニングセレモニーに参加。川和田恵真監督とレッドカーペットを歩いた。

 主演する映画『マイスモールランド』が正式招待された。釜山市海雲台(ヘウンデ)区映画の殿堂で行われた開幕を飾るレッドカーペットに、白地にスパンコールのドレス姿で臨んだ。

 本作が映画初出演にして初主演。海外の国際映画祭でレッドカーペットを歩くのは自身初だが、堂々とした振る舞いで現地メディアや観客の歓迎に笑顔で応えた。

 嵐は、川和田監督と舞台挨拶付きのワールドプレミアに臨む。

嵐莉菜:コメント

 私の初主演作品が、釜山国際映画祭で上映されること、大変光栄に思っています。

 初のレッドカーペットを歩かせていただき、改めて川和田監督には本当に感謝しています。

 イベントが始まる前は本当に本当に緊張していましたが、沢山の観客の方々が話しかけてくださったり手を振ってくださり、すごく笑顔で温かく歓迎してくださったので、本当に幸せでした。忘れられない最高の時間になりました!!

 韓国の方々の反応がすごく楽しみです!

川和田恵真監督:コメント

 釜山の企画マーケットから始まったこの作品を持って、莉菜さんとともにレッドカーペットに参加できたこと、とても嬉しく思います。大変温かく迎えていただき、上映も楽しみです。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)