横浜流星

 横浜流星、清原果耶、細田佳央太、江口洋介、三浦友和、小泉徳宏監督が27日、都内で行われた映画『線は、僕を描く』(10月21日公開)完成報告会に登壇した。

 【写真】ビシッと決めた黒のスーツ、横浜流星(全身)

 砥上裕將氏による同名小説が原作。『ちはやふる』の小泉徳宏監督を筆頭にした製作チームが再結集し「水墨画」に挑戦する。

 横浜流星が演じるのは、とあるきっかけで水墨画と出会い、学ぶことでその世界に魅了されていく主人公、大学生の青山霜介(そうすけ)。横浜自身、霜介を通じて触れた「水墨画」にすっかり魅了された。

 横浜「筆と紙でこんなにも広がるのかと感銘を受けました。自然と自分と向き合えた大事な時間で、水墨画を通して大事な事に気付かされました。幸せな時間でした」

 監修した水墨画家・小林東雲氏は筆でその人を知ることができるという。横浜が描いた線を見て小林氏は…。

 横浜「力強い線を描くねと言われました。でも霜介は繊細で真反対なのでどうやろうと。そこが難しい所で繊細に筆圧を弱く描いても違いますし。その時の内面が写し出されるので、そのシーンごとに霜介の気持ちになって線を描くことが大事だと思いました」

 横浜は約1年、水墨画の練習を重ねてきた。霜介と向き合う横浜の姿を見て、霜介と篠田千瑛(清原果耶)を優しく見守る西濱を演じた江口洋介は…。

 江口「ストイックで映画の中でも彼がいて。彼が描いたものが部屋中にあって。大体そういうものは美術さんたちが用意するものだけど、自分で描いて。水墨画にどっぶり浸かっていました」

横浜流星

 横浜とは約3年ぶりの共演となる清原は久々に再会して感じたことがあったという。

 清原「数年ぶりにご一緒して、たくさんの経験をこの数年で積まれてきて、あの頃よりも背中が何倍も大きく見えました。現場を引っ張って行く感じとかがすごかった」

 一方、霜介を水墨画の世界へ導いた巨匠・篠田湖山を演じた三浦友和は…?

 三浦「原作を読んで脚本を読んで霜介が流星君と聞いた時はちょっと違うかもなと正直思ったんですね。都会的な感じがして、二枚目すぎるし、ナルシズムを楽しんでいるんじゃないかという印象が。いやいや会う前ですよ!でもそれが偏見だったと本人に会って気づいて。現場にコンビニの小さい袋を持って来て、それに台本と携帯を入れて、毎日それで来る。『バッグないの?』って聞いたら『これなんですよ』って。あっ霜介だなって。偏見を持って失礼したなって。素晴らしい俳優であり男だなと本当に思いました」

 これに「その偏見をくつがえせて良かったです」と満面の笑みを浮かべる横浜だった。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)