(C)STU

 STU48が、国連が「国際平和デー」と定めた9月21日に、広島市内で公演を行い、平和を願うメッセージ曲「花は誰のもの?」を披露した。

 広島市内にあるエディオン紙屋町ホールで、STU48課外活動ユニット「Charming Trip」が公演を行い、そこで披露した。

 「花は誰のもの?」は、4月13日にリリースされた平和への想いを込めたメッセージソング。有線放送でのロングヒットや数々の音楽番組で同曲を披露したことで更に注目が高まっている。

 また、8月6日の「広島原爆の日」と重なったアイドルフェス『TOKYO IDOL FESTIVAL 2022』ではアイドルグループの垣根を越えて広島出身者でこの曲を歌い話題を集めた。

 広島出身でこの曲のセンターの一人でもある石田千穂はこの日、「この楽曲を聴いて平和について考えるきっかけになってくれたら嬉しいです」と思いを語った。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)