WOWOWオリジナルドラマ 早朝始発の殺風景

 山田杏奈×奥平大兼がW主演を務める『WOWOWオリジナルドラマ 早朝始発の殺風景』(11月4日スタート)の主題歌を、4人組バンドのyutoriが担当。自身初のタイアップ楽曲「モラトリアム」を書き下ろした。

 青崎有吾氏原作の“密室型”青春ミステリー『早朝始発の殺風景』(集英社文庫)を連続ドラマ化。早朝の始発電車で、放課後のファミレスで、観覧車の中で…日常の風景が一瞬にして変化し、展開される高校生たちの“5つ”の密室会話劇を描く。

 今回主題歌を担当した「yutori」は平均年齢19歳の4人組ロックバンド。結成からわずか1年半ながらリリースした楽曲の総再生数は600万再生を突破、出演するライブ・イベントはチケットが軒並みソールド・アウト。

 さらに本年11月には初のワンマンライブも決定し、気鋭の若手バンドとして今注目を集める彼らが、同じく今注目の新進気鋭の同世代のキャストが揃う青春ミステリーの主題歌を手掛ける。

 ドラマの為に書き下ろした「モラトリアム」は、子供から大人になるまでの猶予期間=モラトリアムをキーワードに、青春における悩みや葛藤、そして過去を振り返るのではなく、今を生きていくという純粋な力強いメッセージを託した楽曲となっている。

 そして新曲「モラトリアム」のワンフレーズが入った本ドラマの新予告映像をWOWOW公式YouTubeで公開された。疾走感溢れる楽曲がドラマの世界観に更なる彩りを加える30秒の映像になっている。

yutori Vo./Gt. 古都子:コメント

 「早朝始発の殺風景」の主題歌のお話をいただいた時、『すごく嬉しく、是非やらせて下さい!』という思いと同時に、『結成してまだ2年も経っていないバンドである私達で本当にいいのかな?』という不安な気持ちにもなったことを覚えています。

 しかし、ドラマスタッフの皆様とお話しをしていく中で、スタッフの皆様の想いに触れ、yutoriを選んで良かったと思っていただけるような歌を、そしてドラマにぴったりな素敵な歌を届けようと「モラトリアム」という楽曲をyutoriで作りました。

 ドラマの主題歌を担当させていただくこと。このシーンはキャストの皆さんはどのような感情で、どのような表情をしているのかを想像しながら歌うこと。全てがはじめての経験で慣れない事ばかりでしたが、とても楽しく歌わせていただき、自信をもって皆さんに届けられる1曲が出来たと思っています。是非ドラマと共に、「モラトリアム」も聴いてもらえると嬉しいです。

yutori Dr. 浦山蓮:コメント

 大人になる、ということは未だにどういうことかは分からないけれど、主人公たちとも年齢の近い、yutoriだからこそ描くことの出来る歌詞があると思い、「モラトリアム」という楽曲を作りました。

 歌詞もサウンドも、全て自信を持って届けることが出来ます。是非聴いて下さい。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)