『JO1CX-TV』でバラエティー初共演するJO1とGENERATIONS from EXILE TRIBE(C)フジテレビ

 JO1が9日、冠バラエティー番組『JO1CX-TV』(フジテレビ、25時05分〜4週連続放送/無料見逃し配信あり)でGENERATIONS from EXILE TRIBEとバラエティー初共演。

 【動画】『JO1CX-TV』第4回メイキング

 最終回となる第4回放送では、JO1とGENERATIONS from EXILE TRIBEがバラエティー初共演。番組が独自開発したAIシステム「VPシンクロチェッカー」を用いて、メンバー同士のシンクロ率を競い合う“シンクロダンス”対決がおこなわれる。

 スタジオに現れたGENERATIONSにJO1一同は「おおおお!!!」と大興奮。緊迫した空気感のなか、ゲストMCのチョコレートプラネット・松尾駿は「リラックスして! テレビなんで!」と呼びかける。

JO1、GENERATIONS from EXILE TRIBE、ゲストMCのチョコレートプラネットと進行:山﨑夕貴(フジテレビアナウンサー)(C)フジテレビ

 今回の対戦について、中務裕太は「10年以上も一緒にやってますから、嫌でも呼吸が合います。ボッコボコにしますよ」と淡々と宣戦布告。GENERATIONSの大ファンとしても知られる豆原一成が「このなかでは最年少なんですけど、ガンガン行きます!」と強気で応戦する。

 TikTok上で人気のダンス動画「異世界混合大舞踏会 (feat.おばけ)」(星野源)のダンスをペアで披露し、そのシンクロ率を競う。

 練習時間はたったの5分。JO1川西拓実は「手の振りがめちゃくちゃ速い!」、木全翔也も「こういう緊張に弱いんですよね」と焦りを隠せないなか、GENERATIONSパフォーマーの小森隼&関口メンディーも「あーーっ!! 無理やって!」と大絶叫。両グループともに白熱するなか、初戦を制すペアは?

 JO1與那城奨が「“うちの王子”と一緒に頑張るので」と白岩瑠姫を紹介すると、GENERATIONSからも「僕も王子やらせていただいてます」と名乗る人物が現れる。

 課題曲は、こちらもTikTok上で人気のダンス動画「ロマンスの神様」(広瀬香美)。GENERATIONS数原龍友が「目を閉じても踊れる」「シンクロとはなんぞや、見せますわ!」と猛烈に煽る一方で、対戦相手のJO1・白岩はある渾身の作戦を與那城に提案。すると、それを聞きつけた数原&中務がじわじわと近づいてきて…。

 第3試合はJO1鶴房汐恩 VS GENERATIONS佐野玲於。“芸人ネタシンクロバトル”として、小島よしおが登場し、3人で「そんなの関係ねぇ」を一斉に披露。鶴房・佐野のどちらが本家の動きとシンクロできるか競う。

 小島と練習できるのはわずか2回のみ。GENERATIONS佐野は小島よしおへの特別な思いを打ち明けるが、高得点は稼げるか? 一方、チョコプラから「鶴房くん、お笑いはどうですか?」と聞かれたJO1鶴房は、ある発言で笑いを巻き起こす。

 続いてテツandトモが登場し、代表的なネタ「なんでだろう」に挑むことに。河野純喜と片寄涼太の2人が披露した“エビジャンプ”にもぜひご注目を。

目の前で「なんでだろう」のパフォーマンスを見たJO1河野は「これは真似するもんじゃない。伝統芸能や!」とビビリまくり、GENERATIONS片寄も「小学生の頃、テレビでずっと見てきた方だったので感激しました」と、当時のあるエピソードを明かす。

 最終決戦は“集団シンクロ対決”。JO1からは大平祥生&川尻蓮&川西拓実&金城碧海&佐藤景瑚&白岩瑠姫&豆原一成の7人が参加し、GENERATIONSは全員が参加する。

 課題曲は「Butter」(BTS)。JO1のダンスリーダー・川尻は「やっと僕の出番が来ました!」と好戦的。そんな川尻を筆頭に、川西や佐藤も「揃えよう!」「めちゃくちゃシンクロしよう!」と声を掛け合い、7人でひたすら真剣に練習していくが、背後からやってきたGENERATIONSが大妨害。JO1のリズムを乱すように手を叩きまくったことに対して、金城が「初めてお会いしたんですけど、うるさいです」とコメントして周囲の笑いを誘う場面も。

 JO1大平は「(優勝賞品の)焼き肉が待ってます!」と自信満々。GENERATIONSもオリジナルの振り付けに変更してシンクロ率UPを目指すが、はたして今回の“シンクロ5番勝負”を制すのはどちらのグループか。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)