映画『アキラとあきら』舞台挨拶に登壇した左から三木監督、ユースケ・サンタマリア、児嶋一哉、竹内涼真、横浜流星、高橋海人、江口洋介(撮影=松尾模糊)

 横浜流星、竹内涼真らが26日、都内で行われた映画『アキラとあきら』(三木高浩監督、公開中)の初日舞台挨拶に登壇。舞台挨拶には共演するKing & Prince高橋海人(※高ははしごだか)、児嶋一哉、ユースケ・サンタマリア、江口洋介と三木監督が登壇した。

 【写真】初日舞台挨拶の様子

 今作『アキラとあきら』は、池井戸潤による同名作(集英社文庫)を映画化。対照的な宿命を背負った二人の若者が、情熱と信念を武器に現代に立ち向かう感動巨編。竹内が過酷な運命に翻弄される山崎瑛(アキラ)を、大企業の御曹司でありながら次期社長の椅子を拒み続ける階堂彬(あきら)を横浜が演じる。山崎の上司で冷徹な不動公二を江口、階堂の父である階堂一磨(石丸幹二)の兄弟である階堂晋をユースケ・サンタマリアが、階堂崇を児嶋が演じる。そして階堂の弟、階堂龍馬を高橋が演じている。

 横浜は「階堂チームはユースケさんと児嶋さんのマシンガントークのおかげで雰囲気はよかったです」と撮影を振り返った。竹内は「小さい頃からずっと江口さん見ていたので、『ランチの女王』とか何度観たことか」と江口ファンであったことを告白。役柄上、距離を置いたという江口に対し「もう少し絡みたかった」と悔しがる様子を見せた。

 ユースケ・サンタマリアと児嶋とのシーンが多かった高橋は「急に役に戻るにはどうしたらいいんだろう? って思ってました。切り替えが得意じゃないので、切り替える力をお二人につけて頂いた」と語る。

 三木監督は今作について「期待値を超えたいと思ってました。新しいカタルシスをつけたいと思ってました。その突破口は主演の二人が若いキャスティングで、希望を切り開いてくれる映画にしたいと思ってました」と横浜と竹内の主演の狙いを明かす。

 今作にちなみ、「融資をしたいほど、情熱を注いでいること」についてそれぞれフリップを持って熱弁する場面も。

 横浜は「芝居」というフリップを立て「皆さんそうだと思うんですけど、僕にはこれしかなくて。芝居がなかったら自分じゃないんで。まだまだというのも分かっているので、もっと情熱を注ぎたいなと思って」と役者魂を感じさせた。

 竹内は「潤」と書き「池井戸作品三作品目なんですよ。本当にご縁があるなあと。自分の中で大切な作品になりました」と今作について言及。高橋は「ベタ」と自分の飼っている熱帯魚をイラスト付きで紹介。「生活が整って仕方ないんですよ。餌のために早起きしたり、熱を注ぎまくってます」と親心を語った。

 江口は「海に行くんですよ。サーフィンも好きですし。デジタルデトックスもかねて」と「海」に熱を注いでいると言い、ユースケ・サンタマリアは「おふろ。バドガシュタイン鉱石というものを入れて。汗のかき方変わるんですよ」と風呂にこだわっていることを明かした。

 児嶋のフリップにはあらかじめ「大嶋」と書かれてあり、「おかしいでしょ! 児嶋って書きましたけど…」とスタッフの振りにも「ある意味『大嶋と児嶋』には情熱を捧げてるんで、改めて注いでいきたい」と決意を述べた。

 最後に横浜は「一年前に作った作品が、無事僕たちの元から離れて皆さんの元へ届きます。この作品を皆さんで共有して大きくしてくれたら。山崎と階堂の生き方を観て、仕事を頑張っている方や何かに情熱を捧げている方にエールを送れる作品になったら」と語った。(取材・撮影=松尾模糊)

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)