つばきファクトリー、アイドル活動で大切にしていることとは?
INTERVIEW

つばきファクトリー

アイドル活動で大切にしていることとは?


記者:村上順一

撮影:村上順一

掲載:22年08月02日

読了時間:約11分

 今年メジャーデビュー5周年を迎えたつばきファクトリーが、トリプルA面シングル「アドレナリン・ダメ/弱さじゃないよ、恋は/アイドル天職音頭」(6月29日発売)をリリースし、「オリコン週間シングルランキング」でグループ初の1位を獲得した。つばきファクトリーは、2015年4月にハロプロ研修生により結成。2017年2月に「初恋サンライズ/Just Try!/うるわしのカメリア」でメジャーデビュー。2021年に新メンバー4名が加わり12人となった。インタビューでは、「アドレナリン・ダメ/弱さじゃないよ、恋は/アイドル天職音頭」の注目ポイントから、アイドル活動で大切にしていること、ライブでのルーティンなど、メンバーの山岸理子、新沼希空、谷本安美の3人に話を聞いた。【取材・撮影=村上順一】

5年越しの夢が叶ってすごく嬉しい

――週間シングルランキング1位おめでとうございます。

谷本安美 ハロプロの他のグループは1位を獲っていたのですが、私たちはまだ獲れたことがなかったのですごく嬉しいです。

山岸理子 デビュー当時からの目標でした。他のグループが1位を獲っていたので、正直焦りを感じていたのですが、5年越しの夢が叶ってすごく嬉しいです。

新沼希空 なかなか1位を獲れなくて悔しいなと思いつつも、「順位が全てではない」と言い聞かせてました。今回、「アドレナリン・ダメ」のMVが公開された時に「CDが発売されるまでに100万回再生いきたい」と公言しました。結果、皆さんにたくさん観ていただけて、YouTubeのおすすめにも上がるようになりました。自分たちで言うのもあれなんですけど、「私たち、いま勢いあるのかも」、「もしかしたら1位を獲れるかも?」と思っていたんです。

――予想が的中しましたね! 本作の注目ポイントは?

新沼希空 落ちサビはこの3人で繋いでいるんですけど、私はこれまで落ちサビでソロを任せていただけることがなかったので嬉しかったのと、普段は可愛いパートを任せられることが多いこの3人が、「アドレナリン・ダメ」のような格好いい楽曲でソロを繋ぐとは思っていませんでした。ファンの皆さんもビックリしていて、「3人の声の良さが出てる」と言って下さっていたのも嬉しかったです。

谷本安美 MVなんですけど、落ちサビのところで私がコードを引き抜くシーンが注目ポイントです。その表情も監督さんにすごく褒めていただいたので嬉しかったです。

――どのような心情でそのシーンに臨んだのでしょうか。

谷本安美 MVのテーマとして取り繕っている自分を見て、本当の私はこんなんじゃないと思いないがら引き抜きました!

――山岸さんは?

山岸理子 私はダンスです。初めてお世話になるダンスの先生が「アドレナリン・ダメ」の振り付けをして下さいました。メンバー1人ずつに付いて教えて下さったんですけど、そのダンスの迫力が凄すぎて「私、こんな風に踊れるかな…」と萎縮してしまったんです。でも、こだわったダンスになっているので、ぜひダンスにも注目して欲しいです。

――どんなところが大変でしたか?

山岸理子 このハードなダンスを踊りながら歌うというのがすごく大変でした。最初のレッスンで踊りながら全く歌えなくて、なんとかみんなでやれるようになりました。あと、フォーメーションで前を向いたまま後ろに移動するというのがこれまでほとんどなかったので、いつもハラハラドキドキしながらやってました。

――「弱さじゃないよ、恋は」はいかがですか。

新沼希空 これまでつばきファクトリーは、恋愛の曲をたくさん歌ってきているんですけど、私たちの年齢も上がってきていて、合わせて歌の主人公の年齢も上がってきています。この曲も高校生ではなく、大学生くらいなのかなと思っていて、こういった大人っぽい女性の曲も歌えるようになったんだという喜びがありました。ダンスも女性らしい振り付けが多く、MVだと普段見れない大人っぽい表情、仕草が観れると思うので、注目していただけたらと思います。

――作詞は山崎あおいさんですね。

新沼希空 山崎さんの歌詞がすごく好きで、山崎さんが作詞された鈴木愛理さんの「君の好きなひと」もすごく好きなんです。女性目線の歌詞が多いなと感じていて<抱きしめて離さないで>という歌詞は、乙女心がすごく表現されていると思いました。小野田紗栞ちゃんを抱きしめるような振り付けになっているので、そこも可愛いので注目してもらえたら嬉しいです。

谷本安美 この曲で特に好きなところが2箇所あって、<線路ごし 蜃気楼 夏模様 気づいたら街中 カラフル>と<味のしない 切ない 思い出>が、低い音とオクターブ上の2声で歌っていて、私はすごく心地よくて好きなんです。初めて聴いて「私たちはこういう歌い方もできるんだ」と発見がありました。もうひとつは1番の最後の<離さないで>が、小野田紗栞ちゃんが担当しているのですが、すごい感情を込めていて、毎回聴くたびにこのパートが小野田紗栞ちゃんで良かったなと思うんです。

山岸理子 つばきファクトリーは外でMV撮影をしたことがあまりなかったので、ロケ自体がすごく久しぶりでした。バスに乗ってリップシーンを撮影したのは初めてで、集合時間が朝早かったというのもあって、みんなちょっと眠そうな表情しているところは見どころなんじゃないかなと思っています。

谷本安美 ほぼ寝ている子もいると思います(笑)。

――確か新沼さんは朝起きるのが得意だと聞いたことがあるのですが、どうしたら朝を気分よく起きることができますか。

新沼希空 仕事だから起きなければ、という意識が強いだけなんです。ただ、私は目覚ましを1分おきにかけていて、音も自分が苦手な音に設定するんです。とにかく自分にとって不快な音なので「早く消さなきゃ」と思い、目覚ましが鳴ると飛び起きます(笑)。好きな曲とかにしてしまうと心地よく最後まで聴いて2度寝しちゃうんです。

谷本安美 私は朝弱いので、1分おきに目覚ましをかけているんですけど、私は嫌な音で目覚めたくはなくて、好きな曲を設定しています。ただ、最初バラードから始まってどんどんアップテンポな曲にしていくんです。私の場合はそれでやっと起きれるという状況です(笑)。

山岸理子 私は朝起きる秘訣は特にないです(笑)。目覚ましがわりに使っているスマホの設定も初期設定のままですし、2人みたいに何分置きにかけたりもしたことはなくて。かけたとしても10分後にまた鳴るようにするぐらいで、シンプルに「もう起きなきゃ」という気持ちだけです(笑)。今2人の話を聞いて、1分置きというのはすごいなと思いました。

新沼希空 自分を追い込むしかなくて(笑)。

3人がアイドル活動の中で大切にしていること

――朝から闘いなんですね(笑)。さて、もう一曲は「アイドル天職音頭」ですが、つばきファクトリーとしては斬新な曲ですね。

谷本安美 この楽曲をいただいて、最初聴いた時に「これは私たちの曲ではないんじゃないか」と思いました(笑)。BEYOOOOONDSの曲なんじゃないかなと思ったぐらいコミカルな曲で、私たちに音頭系の曲もなかったのでビックリしたんですけど、この曲をパフォーマンスすると自然と笑顔になるんです。つばきファクトリーの新しい一面をお見せできるような楽曲になっていると思います。

山岸理子 ファンのみんなは戸惑ってました(笑)。

新沼希空 星部ショウさんが作詞・作曲してくださっているんですけど、レコーディングも星部さんがディレクションを担当してくださいました。作詞してくださった方にディレクションしていただいたのは初めてのことで緊張したのですが、レコーディング中に雑談をしたりして、緊張も解けてあっという間にレコーディングが終わってしまったという感覚がありました。

――歌詞も面白いですね。

新沼希空 私たちのブログやプロフィールを歌詞に反映してくださっていて、そういうところにも愛を感じた曲でした。<誰かをニッコニコにすることさ>という歌詞は、小野瑞歩ちゃんの座右の銘から取ったというのが印象的でした。

――山岸さんはレコーディングはいかがでした?

山岸理子 この曲で演歌っぽいイメージで歌ってほしいと初めてリクエストをいただいたのですが、こぶしを効かせるような曲は歌ったことがなかったので苦戦しました。落ちサビの<あんまり根詰めすぎちゃ>のパートを歌わせていただいているのですが、レコーディングの時は必死すぎて自分がどういう風に歌っているのかは気にせずに、リクエスト通りに歌っていたので、完成した音源を聴いて「私こんな歌い方をしていたんだ」と驚いて、ちょっと照れ臭かったです。

――天職と入っているタイトルもいいですね!

新沼希空 最初タイトルだけ教えていただいた時に、天職ではなく転職だと勘違いして、転職させられるのかなと思ってました(笑)。

――(笑)。今のお仕事は天職だと思うのですが、アイドルとしてどんなことを大切に日々活動されていますか。

谷本安美 応援してくださる方を第一に考えて活動しています。私がアイドルを続ける理由の中に、皆さんが喜んでいる顔が見たいというのがあります。私は応援してくださる方がいるから頑張れるので、ファンの方を大切にしています。

――アイドル活動が始まった当初からそのマインドだったのでしょうか?

谷本安美 最初の頃はそこまで考えることができなかったのが正直なところです。当時はダンスと歌でいっぱいいっぱいでした。未経験の状態でアイドル活動が始まったので1日過ごすだけで大変でした。活動を続けていくうちに、「アイドルをやっていく上で大切なことは何だろう?」と考えたときに、応援してくださるファンの方がいるからこそ、こうやって活動できているんだと思うようになりました。

――新沼さんはどんなことを大切にしていますか。

新沼希空 私は感謝の気持ちです。私がこうやって活動できているのも周りのスタッフさんや、ファンの皆さんのおかげですし、両親も応援してくれているからこそ、今も活動できていると思っています。常に感謝の気持ちを忘れないように、というのはアイドル活動を始める前、小さい頃から両親に言われていたことでもあるので、その気持ちを大事にしています。

山岸理子 私も同じような気持ちなのですが、アイドルというのは一生できるお仕事ではないと個人的には思っていて、だからこそ1日1日を大切に、今の活動を楽しんでやりたいという思いはメジャーデビューした時からありました。その気持ちを特に大切にして活動しています。

――研修生時代から含めると10年目でキャリアもすごいですよね。

山岸理子 自分でもそんなにやっていたんだと最近気づきました(笑)。ここまで続けられているのは、やっぱり応援してくださるファンの皆さんや、支えてくださる皆さんのおかげなので、感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきたいです。

みんな大人になりました

――つばきファクトリーもメジャーデビューして5年が経ちますが、過去を振り返ったりもされますか?

新沼希空 私は節目になると昔の写真を見たりします。例えばつばきファクトリーの結成日や、新メンバーが入るタイミングでも振り返ることがあります。日常でも過去のMVを私は観ることが多くて、インディーズ時代の「キャベツ白書」から振り返ったりもしています。

谷本安美 私は未来へ向かって生きていくタイプなので、昔の写真はあまり持っていないんです。スマホの容量の問題もあるんですけど(笑)。ただ、他のメンバーがすごい量の写真を持っているので、昔の写真が必要になった時はメンバーを頼りにしてしまっていることがあります。あとは、みんなが定期的に見ているので、それを一緒に見てます。

――メンバーが谷本さんのクラウドになっているんですね(笑)。

山岸理子 私は記念日などのタイミングで過去の写真や映像を見ることがあるんですけど、それを見ると「みんな大人になったなあ」としみじみ思います。昔は楽屋とかでもたくさん撮っていたんですけど、最近は以前ほど撮らなくなってきました。

――それは、昔と比べて「これは必要、必要じゃない」と精査できるようになってきたのでは?

山岸理子 ブログで使う写真ぐらいしか撮らなくなってきたので、確かに選択できるようになってきたのかもしれないです。やっぱりみんな大人になりました(笑)。

――新メンバーも加入して1年が経ちましたが、そうとう溶け込んできたのでは?

新沼希空 前よりもしゃべるようになりましたし、“前に出る精神”が出てきたかなと思います。個性もすごく出てきたと感じています。自分の好きなものを伝えようというのがSNSでも出ていて、すごくいいことだなと思いました。

山岸理子 冠番組『行くぜ!つばきファクトリー』(BSスカパー!)でも、積極的にトークに参加してくれるし、その時に個性が出てきたなと感じます。

谷本安美 福田真琳ちゃんは加入当時は自己紹介も聞き取れないくらい声が小さくて(笑)。今は声も大きくなって、すごく変わりました。

――頼もしいですね。現在皆さんは『つばきファクトリー CONCERT TOUR 〜ENCORE PARADE〜』のツアー中ですが、皆さんがライブで行なっているルーティンなどはありますか。

谷本安美 登場する位置が上手と下手分かれるんですけど、ステージ袖から反対側にいるメンバーに「頑張ろうね!」と手を振ってエールを送り合ってます!

新沼希空 ハロプロのグループはみんなやってるよね。あと、背中を叩き合うというのもライブのルーティンになっています。ステージに出る何秒前に背中を叩きあって気合いを入れているんです。でも、私は叩かれると痛いので、あまり叩かれないようにしていて、叩く担当として頑張っています(笑)。こだわりがあって、ちゃんと背中の中心を狙って体を痛めないように叩いています!

山岸理子 円陣を組むというのも毎回やっているルーティンなんですけど、個人的にやっているのはステージに立つ直前にお水を3口飲むというものです。

谷本安美 3口しか飲まないんだ!

――なぜ、3口なんですか?

山岸理子 ライブの日は、衣装の早着替え中やライブが終わった後にお水をたくさん飲んでしまうんです。飲み過ぎは良くないなと思って、ライブスタート前は3口だけになりました(笑)。

――最後に8月25日に河口湖ステラシアターで開催される『つばきファクトリーの夏祭り 2022 ~灼熱~』への意気込みをお願いします!

山岸理子 メジャーデビュー5周年を記念したライブで、セットリスト、衣装、そしてグッズなど自分たちも関われるところは参加して、皆さんにお見せできるんじゃないかなと思っています。夏の思い出に残るようなライブにしたいと思っているので、たくさんの方に来ていただけたら嬉しいです!

(おわり)

ライブ情報

8/25 山梨・河口湖ステラ―シアタ メジャーデビュー5周年記念ライブ
http://www.helloproject.com/event/detail/6b134765cacb86fa2cadb06e439a857ea3755cc4/

■レギュラー番組
BSスカパー!「行くぜ!つばきファクトリー」
毎月第2・4月曜日22時30分~
https://www.bs-sptv.com/program/6214/

この記事の写真
村上順一
村上順一
村上順一
村上順一
村上順一
村上順一
村上順一
村上順一

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事