aoが、東宝初のYouTube映画『チェンジ』の主題歌を担当することが決定し、さらに主題歌「チェンジ」が8月3日に配信リリースされることが発表された。

 2022年1月にSpotifyが選ぶ、その年に活躍を期待する次世代アーティスト“Early Noise 2022”に選出され、先月配信リリースした「リップル」では各ストリーミングサービスやSNSを中心に話題を呼び注目を集めている、16才、高校1年生の次世代アーティストao(読み:アオ)。

 そんなaoが、東宝初のYouTube映画『チェンジ』の主題歌を担当することが決定し、さらに主題歌「チェンジ」が8月3日に配信リリースされることが発表された。

 本映画は、東宝株式会社とAlphaBoat合同会社による才能発掘プロジェクト“GEMSTONE”(読み:ジェムストーン)にて優秀賞を獲得した、沖縄県在住の高校3年生のシンクレア・ウィリアム氏(受賞当時:14才)が初監督を務める作品で、現在16才のaoと17才のシンクレア氏、”音楽”と”映画”というそれぞれ異なるフィールドで互いに活躍する10代同士のタッグとなる。

 そして本映画の劇伴を、気鋭のソングライター/プロデューサーであるYaffle氏が担当しており、そのYaffle氏プロデュースの主題歌「チェンジ」をaoが歌う。歪んだギターサウンドから始まり、高らかなコーラスや怒涛のラップパートで一気に駆け抜けるアッパーチューン!いつ、どこで聴いてもaoの世界観に引きずり込む唯一無二のボーカルとYaffle氏の類まれなるトラックワークが重なることで一度聴いたら抜け出せない、クールで中毒性の高い楽曲に仕上がっている。

「チェンジ」ジャケ写

 さらに、同曲のMusic Videoも8月3日(水)AM0時にプレミア公開されることが決定。本MVは映画同様シンクレア氏が監督を務めており、ユニークなカット割りやグラフィックの編集、ストーリーの考案など、すべて監督自身が行い、全編スマートフォンのみで撮影されている。楽曲のリリックに基づいて現実と妄想の世界を表現した本MVでは、aoの若さとエネルギッシュさが溢れ、新たな可能性を切り開くような作品となっている。

「チェンジ」MVサムネイル

 現在東宝MOVIEチャンネルには、映画『チェンジ』の予告編ティザー映像が、さらにaoのYouTubeオフィシャルチャンネルには一足早く楽曲とMVの一端が見られるティザー映像が公開されている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)