(C)2022「向田理髪店」製作委員会

 高橋克実が主演する映画『向田理髪店』(10月7日から福岡と熊本先行公開、10月14日から新宿ピカデリーほかで公開)の劇場ポスタービジュアルと劇場予告編が解禁された。

 【写真】アイドルを演じる矢吹奈子、場面写真

 作家・奥田英朗の同名小説が原作。寂れた元炭鉱町「筑沢町」にある理髪店の親子の葛藤を軸に、過疎化、少子高齢化、介護、結婚難など、どこの地方も抱える深刻な問題に直面しながらも懸命に生きる人々の姿を通して、家族の絆、人とのつながりの大切さを伝える。

 主人公・向田康彦を演じるのは、本作が映画初主演となる高橋克実。また、東京で働いていたものの突然、帰郷し「会社を辞めたから店を継ぐ」と宣言する息子・向田和昌を白洲迅。康彦の同級生役で板尾創路と近藤芳正、息子が理髪店の後継ぎになることを素直に喜ぶ母・恭子には富田靖子。

 脚本・監督は映画『子猫の涙』(2008年)で東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」特別賞受賞、深津絵里主演『女の子ものがたり』(2009年)、本作同様、奥田英朗原作、野村周平主演『純平、考え直せ』(2018年)など、様々な作品を手掛けている森岡利行。

 撮影は福岡県大牟田市をメインとして行われた。

主演・向田康彦役:高橋克実コメント

 60過ぎて、まさかの映画初主演!自分でも驚きました。こんなオヤジを一体誰がキャスティングしたのか?と。

 監督の名前を聞いて更に驚きました!

 森岡監督とは20代の頃、同じ劇団で一緒に芝居をしていた間柄で、一緒に仕事をするのは30数年ぶり。

 久しぶりに会ったら、あちらも立派なオヤジでした(笑)。

 奥田英朗さんの原作を、オール大牟田ロケで描いたハートフルな作品です。楽しい現場で、最高の共演陣と一緒に頑張りました。私の奥さん役は、なんと富田靖子ちゃん!息子役が白洲迅くん!同級生に近藤芳正くん、板尾創路さん!そして、大先輩の根岸季衣さん! これはもう、出るしかないでしょう!
そして、観るしかないでしょう!皆さん、是非お楽しみに!

向田恭子役・富田靖子:コメント

 陽だまりのようなピアノの旋律と息子と大牟田の風景で

 始まる「向田理髪店」

 世界遺産の三池炭鉱で撮影させてもらったり、刺激的でした。

 小さな町の小さな物語。

 ゆっくり、のんびり、泣いて笑っていただけたらと思います。

向田和昌役・白洲迅:コメント

 この作品のお話しをいただいて、お父さんが高橋克実さん、お母さんが富田靖子さんだと聞き、すぐに「やりたい!」とお返事させていただいたのが昨年。こうして公開を迎えられるのがとても嬉しいです。

 大牟田市全面協力の元、キャスト・スタッフ全員で、真心込めてつくった映画です。変わりゆく故郷を舞台に、人との繋がり、家族という存在の大切さを、演じながら改めて考えさせられ、感じることができた作品です。

 心温かく、観ていただけたら嬉しいです。

大原零役・矢吹奈子(HKT48):コメント

 大原零役、HKT48矢吹奈子です。

 零は国民的アイドルということで、作品内の映画『赤い海』では“アイドルらしさを少し残しつつ”を意識して撮影に挑みました。

 生まれた場所を愛する人たちの優しさが伝わってきたり、家族の絆、人とのつながりの大切さを改めて思い出させてくれる、そんな心温まる作品となってます。

 ぜひ劇場でご覧ください!

三橋早苗役・筧美和子:コメント

 私演じるさなえは街の皆さんのマドンナ的存在なので大人の落ち着きとチャーミングさが出たらいいなと思い演じました。

 福岡県大牟田市で行われた撮影はとにかく地元の皆さんが温かく迎えてくださって皆さんの全面協力のなか、その温かさや空気を肌で感じながら撮影に挑めたのがすごく新鮮で素晴らしい体験でした。

 時代が変わりゆく中で懸命に生きる人々の素直な姿が描かれたこの映画がとても好きです。

 参加できたことを嬉しく思います。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)