日向坂46・影山優佳(セルフ Documentary of 日向坂46/TBSチャンネル1)

 日向坂46の影山優佳にスポットを当てた『セルフ Documentary of 日向坂46』第8回が17日午後10時から、CS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」で放送される。

 【動画】イベントでシュートを披露した影山優佳

 日向坂46が3人一組になり、メンバー同士のインタビューで本音を語り合う『セルフ Documentary of 日向坂46』。先月、2年4カ月ぶりの新作として放送した第7回では、“新三期生”の高橋未来虹、森本茉莉、山口陽世がそれぞれの心の内を明かし合った。

 今月放送する第8回は、一期生・影山優佳が一人で出演する特別編。サッカー番組やクイズ番組、映画出演など、活躍の場を広げている彼女が、いま行きたい場所を巡りながら、これまでのアイドル活動を振り返っていく。

 子供の頃に何度も訪れた思い出の地や、前身グループ「けやき坂46(ひらがなけやき)」時代に通ったレッスンスタジオを訪れた影山は、その頃の思い出を語るほか、幼少期の性格やアイドルを目指したきっかけ、オーディション時のエピソードを話す。

日向坂46・影山優佳(セルフ Documentary of 日向坂46/TBSチャンネル1)

 2018年6月から約2年間に及んだ休業期間については、これまではっきりと伝えてこなかった当時のことを初告白する。休業中、けやき坂46(ひらがなけやき)は日向坂46に改名し、どんどん大きな存在に。ネガティブな思いが強くなる中、影山が復帰を決めた理由とは。

 2020年5月に活動を再開すると、特技や知識を生かしてさまざまなメディアで大活躍。しかし、グループの目標である東京ドーム公演に向けては、気持ちを作れずに苦しんでいたことを明かす。

 最後にやってきたのは、国立競技場。影山にとって原点とも言うべき場所を前に、日向坂46のこと、自分のことを語り尽くす。

 グループの転換期を少し離れた場所から見届けてきた影山が、自分と向き合い、覚悟を持って踏み出した未来への一歩。日向坂46のメンバー・影山優佳の魅力。そして、影山の言葉から見えてくる、日向坂46の温かさを伝える1時間。現在公開中の日向坂46ドキュメンタリー映画「希望と絶望」では描かれなかった、もう一つの物語が届けられる。

日向坂46・影山優佳(セルフ Documentary of 日向坂46/TBSチャンネル1)

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)