(C)2022映画『島守の塔』

 萩原聖人、村上淳、吉岡里帆らが出演する太平洋戦争末期の沖縄戦を描いた映画『島守の塔』が22日に公開される。14日には場面写真8枚が解禁された。

 鉄の暴風と言われた激しい空襲、艦砲射撃、上陸戦の絶望に追い込まれた太平洋戦争末期の沖縄戦。その中でなお「生きろ!」と後世に一筋の希望を託した2人の官僚と沖縄の人々の物語を映画化。

 県民の4人に1人、約20万人が犠牲となった「沖縄戦」。「命(ぬち)どぅ宝、生きぬけ!」と叫んだ2人の官僚と、「沖縄戦」に翻弄される沖縄県民。それぞれの苦悩と生きることへの奮闘を描き、沖縄本土復帰50年の節目に「命の尊さ」を次世代に継承する映画が誕生。

戦中最後の沖縄県知事・島田叡を演じる萩原聖人(C)2022映画『島守の塔』

警察部長の荒井退造を演じる村上淳(C)2022映画『島守の塔』

 戦中最後の沖縄県知事として赴任し、軍の命令に従いながらも食料確保や疎開など県民を守ろうとした島田叡(あきら)役には映画やドラマ、ナレーションなど幅広く活躍している萩原聖人。職務を超えて沖縄県民疎開に尽力した警察部長の荒井退造役には日本映画界に欠かせない俳優・村上淳。実力派俳優の共演が実現。

(C)2022映画『島守の塔』

 また、島田の世話役の県職員・比嘉凛を吉岡里帆が熱演。凛の妹で看護学徒隊の比嘉由紀を池間夏海が、映画『ひめゆりの塔』に出演していた香川京子が現代の凜を演じています。監督は『地雷を踏んだらサヨウナラ』など社会派作品で知られる五十嵐匠氏。

(C)2022映画『島守の塔』

(C)2022映画『島守の塔』

 この度解禁するのは、沖縄県民含め約20万人が犠牲となった「沖縄戦」において、一人でも多くの県民の命を助けようとした萩原聖人演じる島田叡県知事と村上淳演じる荒井退造警察部長が苦心するシーンを捉えものや、日本が勝つと信じて疑わない吉岡里帆演じる比嘉凜が戦禍を目の当たりにして不安げな表情を見せるカット、圧倒的な戦力で迫りくる米兵の恐怖を感じながらも敬礼をする比嘉凜の妹役・由紀を演じた池間夏海の死の恐怖を前に絞りだしたかような笑顔が胸に迫るカットなど、計8枚の場面写真。

(C)2022映画『島守の塔』

(C)2022映画『島守の塔』

 米軍との圧倒的な戦力差を前に成す術ない日本軍が本土決戦への時間稼ぎを図る中、最後の最後まで県民の命を守ろうとした島田と荒井、絶望の中でも必死に希望を見出そうとする凜と由紀の姿は戦争の悲惨さと命の大切さを改めて観客に伝えてくれる。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)