お気に入りカットという「すっぴん」の入浴ページを広げる能條愛未

 元乃木坂46の能條愛未が3日、都内でファースト写真集『カーテンコール』の出版記念イベントを開催した。

 【写真】お気に入りのすっぴん入浴カット

 自身初の写真集。「いつかは私も出せたらいいなといぐらいで現実的には考えていなくて、乃木坂46現役時代もまわりのメンバーが写真集を出していて『すごいな、おめでとう』という気持ちで私にはまだまだかなと思っていたので驚きで一杯でした」

 全編が沖縄ロケ。晴天に恵まれた沖縄の海、自然などを舞台に様々な衣装やメイク、表情を切り撮った。着替えや入浴シーンなどプライベートなひとときを惜しむことなく披露している。

 「水着やランジェリーにも挑戦してお腹など普段見せないところがあらわになるので、恥ずかしくないようにお腹がきゅっとなるように筋トレをしました」

 お気に入りカットとして挙げたのは、すっぴんでの入浴カット。

 「本当のすっぴんで撮影されているのが『うわ~写真集を撮影しているな』という感じで。撮影している時は大丈夫かなという緊張もあったんですけど、そのままの私が写っている1枚になったと思ってお気に入りに認定しました」

 タイトルは「カーテンコール」。特別な思いがある。

 「私はかなりの緊張しいし、小心者で怖がり。性格的には芸能界にあまり向いていないはずなのにそれでも続けられるのは舞台でのカーテンコール。なににも代え難い幸福感があって、大好き。それが理由でずっとい続けています」

 撮影では、乃木坂46のメンバーの表情も参考にしたという。特に白石麻衣。「素晴らしい写真集で勉強させて頂きました。ナチュラルな感じが素敵だったので」

 約1万字に及ぶロングインタビューでは、沖縄ロケの思い出や乃木坂46在籍時の話、俳優としての自覚と葛藤、現在のキャリアに繋がる生い立ちなどを語っている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)