King & Prince

 King & Princeが21日、4枚目のアルバム『Made in』(6月29日発売)の全曲クロスフェード映像をKing & Prince公式YouTubeチャンネルで公開した。

 【動画】アルバム『Made in』全曲クロスフェード映像

 本アルバムはMade in “ JAPAN ” 、Made in “Johnny‘s”、Made in “King & Prince”…などそれぞれの場所、ルーツを大切にしながらKing & Princeが”今 目の前にいる人を幸せにする”ために、”今 King & Princeができること”をコンセプトにしたアルバムとなっており、昨秋リリースされた恋のドキドキを歌った王道のJ-POP「恋降る月夜に君想ふ」や、今年4月にリリースされた、運命の人へ永遠の愛を歌うラブソング「Lovin‘ you」、働くすべての人々への応援歌「踊るように人生を。」のほか、新曲多数を含む全16曲が収録される(通常盤のみ全17曲収録)。

 表題曲「ichiban」は日本を代表するHIPHOPアーティストKREVAの作詞・作曲で、HIPHOPサウンドに、和のサウンドアレンジを加えた楽曲となっている。振付は世界的ダンサーRIEHATAによるもので、”俺らがNo.1だ!ついて来い!”と宣言する強気なKing & Princeを見せる。

 またアルバム『Made in』のテーマ曲として、King & Princeが作詞・作曲に挑戦し、5人で”Made”した(作り上げた)「Dream in」を収録。表題曲で見せる強気な一面とは対照的な一面をのぞかせるミディアムバラードとなっている。その他にもJ-POPや、バラード、夏を感じる楽曲などバラエティー豊かな楽曲が収録され、その内の1曲である「バトル・オブ・バトラー!」は前作アルバム『Re:Sense』収録の「フィジャディバ グラビボ ブラジポテト!」に続く前山田健一の作詞作曲で、今作もティアラと楽しめるような楽曲となっている。

 また、今作にもユニット曲が収録されており、平野紫耀、高橋海人、岸優太の「僕の好きな人」は、切ない片想いを青春の甘酸っぱさを感じるメロディーに乗せて歌う青春のラブソング、永瀬廉、神宮寺勇太の「Doll」は愛する人をガラスケースにしまっておきたいと歌う深い愛情を歌詞にしたダークで大人なラブソング、とそれぞれテイストの全く異なるラブソングとなっている。

 尚、初回限定盤AのDVDには、「ichiban」のMusic Video、ソロアングルeditを収録。その他、KREVA立ち会いの元行われたレコーディング、ダンスリハーサル、そしてMusic Video撮影現場でのオフショットを収めたBehind the sceneが収録される。初回限定盤BのDVDには、アルバム全体のメイキング映像として、様々な企画会議を経てKing & Princeがアルバムを作り上げていく様子を追いかけた『Made in』 Behind the sceneを収録。ジャケット写真の撮影現場のオフショット、レコーディング風景、そして5人で作詞作曲した「Dream in」の制作過程、アルバムの楽曲についての個人インタビューなども収録される。

 また、同DVDには、収録楽曲「バトル・オブ・バトラー!」にかけ、King & Princeたるもの、いかなる状況でも気品高くあるべき!どんなお題にも凛とした佇まいでいられるか!?執事としての能力とホスピタリティーを競い合うバラエティ映像が収録されており、盛りだくさんの内容となっている。

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)