『CanCam』7月号JO1特集第三弾は木全翔也と鶴房汐恩

 JO1木全翔也(きまた・しょうや)と鶴房汐恩(つるぼう・しおん)が23日に発売される、ファッション誌『CanCam』7月号の誌面に初登場。JO1ユニット企画第三弾の特集で、お互いの印象などについてインタビューに応えている。

――Q:学生時代の楽しかった思い出は?
木全翔也さん 「花壇の水やりです。嘘です」
鶴房汐恩さん 「なんやそれ(笑)」――

 と、インタビュー開始早々お馴染みのボケとツッコミを披露してくれたのは、JO1の“つるきま”こと、鶴房汐恩&木全翔也。ファッション誌『CanCam』で大人気のJO1ユニット企画第三弾として、“ただの友達”と呼ばれるほどニコイチなふたりが、7月号で本誌初登場。

『CanCam』7月号特別版

 「同い年で友達のような関係性のふたり」ということで、“学生時代のわちゃわちゃ感”をテーマに、6Pにわたる特集をお届け。ちなみに、今回の衣装は、オシャレ番長の木全さんが主導でセレクト。候補の衣装の中から率先して選んでくれた、ニコイチ感&少年感漂うコーディネートに注目。

 中面インタビューでは、ふたりの対談&ソロインタビューのほか、一問一答を掲載。テーマである「学生時代」にちなみ、「学生時代はどんなコがタイプだった?」など、気になる質問にも答える。撮影中も度々コントのような掛け合いを披露して現場を湧かせてくれたふたりだが、お互いの第一印象を聞くと、鶴房「(木全の)第一印象は静かな子で、今は変わり者」、木全「(鶴房の)第一印象は強そうで、今はチワワかな。汐恩は体も大きいし、最初『ツカメ ~It’s coming~』(JO1デビューのきっかけであるオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』での課題曲)の練習をしながら来たから、強そうで(笑)。でもやっぱり顔はアイドル!性格はチワワではないです」と、各々自由な回答。

 ちなみに、JO1は25日に2nd ALBUM『KIZUNA』をリリース予定。ラップが活きる勢いのある曲がたくさん収録され、ラップ担当の鶴房&木全の格好良さが堪能できそう。今大注目のふたりによる“つるきまワールド”全開の特集。23日発売の『CanCam』7月号でチェックしてほしい。

『CanCam』7月号JO1木全翔也と鶴房汐恩

掲載情報

『CanCam』7月号通常版
発売日:2022年5月23日
特別価格:780円(税込)

購入は、発売日前は各ネット書店でご予約を。発売後は、近くの書店、もしくはこちらのサイトから。https://www.shogakukan.co.jp/magazines/series/048000

※同時発売予定の「特別版」との違いは、表紙のみ。価格と中身はどちらも同じ、綴込付録の「Stray Kids オリジナルBIGステッカー」も両方についてくる。

『CanCam』7月号特別版
発売日:2022年5月23日
価格:780円(税込)

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)