日向坂46佐々木久美(撮影・木村武雄)

 ファッションと音楽の祭典『Rakuten GirlsAward 2022 SPRING/SUMMER』が14日、千葉市美浜区の幕張メッセで開催された。

 【写真】“内もも”も美しい、ランウェイする日向坂46佐々木久美の全身(全7枚)

 コロナ禍で2年ぶりの開催。多くの観客が詰めかけるなか、モデルたちは中央に伸びるランウェイを大音量の音楽をバックに華やかに歩いた。

 最初のショウ「ANNA SUI」のステージに登場したのは日向坂46佐々木久美。髪を後ろに束ね、花柄をあしらったグリーンを基調としたインナー。爽やかなブルーを織り交ぜたアウターを揺らし、ハイウエストのミニ丈ボトムからすらりと伸びる引き締まった脚を伸ばして、颯爽とランウェイした。

 この日のランウェイトップバッターを飾ったのは、滝沢カレン。ほか新川優愛、藤田ニコル、池田美優、生見愛瑠をはじめ、シークレットゲストに青山テルマ、伊藤健太郎、松本まりかが登場。更に、AKB48や櫻坂46、日向坂46のメンバーもランウェイを歩いた。

 MCには、山里亮太(南海キャンディーズ)が同イベント10回目のイベントメインMCを務め、ほかチョコレートプラネット、4月末にフジテレビを退社し現在はフリーアナウンサーとして活動する久慈暁子、YouTuberの中町綾が進行した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)