広瀬アリス

 志尊淳、広瀬アリス、梶裕貴、畠中祐、千本木彩花、逢坂良太、荒木哲郎監督が13日、都内で行われた映画『バブル』(5月13日全国公開、NETFLIX版は4月28日全世界配信)の劇場公開初日を記念した舞台挨拶に登壇した。

 先月7日に都内で行われた完成披露イベントで、緊張による発汗で“異例”の途中退席した広瀬アリス。「また発汗したら降壇しますので、一応勉強してハンカチを持ってきました!」と用意周到。前回走って降壇したが司会者から「今回は走らなくても大丈夫ですからね」と言われ、今度は「堂々とゆっくり」と笑った。

 本作は、世界に降り注いだ泡(バブル)によって、重力が壊れた東京で、少年と少女の想いが引かれ合う、グラビティ・アクション・ラブストーリー。アニメファンから絶大な信頼を得るWIT STUDIOが制作を担当した。

 広瀬アリスは、バブルを調査する科学者・マコト役を演じる。劇場公開初日を迎え「どんなことを感じていただけるのか、すごく緊張しています。初めて劇場で観た時はこの作品は劇場で観ないとダメだなと思いました。たくさんの人に届く日が来たので、嬉しい気持ちでいっぱいです」と喜んだ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)