真剣な表情で撮影に臨む大泉洋

 大泉洋が出演する「ヤクルト400W」新TVCM『人生100年時代』篇が12日から全国で放映される。「人生100年時代のためのヤクルト」をテーマに、大泉洋が一青窈の名曲「ハナミズキ」を口ずさむ。「幸せと健康がずっと続きますように」と願いを込め、笑いを封印して優しい歌声を披露する。

 黒のスーツで現場入りした大泉。監督からの説明を受け、早速歌唱シーンの撮影へ。スタジオに流れる「ハナミズキ」のデモ音声を聴きながら、歌の練習を始める。

 「本番はデモ音声ではなく自分の歌声を流して収録したい」と、積極的に撮影方法の提案をするなど、このCMにかける意気込みをのぞかせた。

 撮影の合間も何度も歌詞を口ずさみ、音程やリズム、歌詞のアクセントを細かく確かめる姿は真剣そのもの。想いのこもった透明感あふれる伸びやかな歌声に、周囲のスタッフも思わず聞き入ってしまうほどだったという。

 歌唱シーンの表情については、「頭のところを少し柔らかめに」、「さっきよりも笑顔強めで」など監督から出たリクエストにも柔軟に対応。監督からOKが出た後も、自らモニターチェックを行い、「ごめん、もう一回いい?もう少しやさしい雰囲気の方がいいのかなぁ」と、監督が求める以上のカットをとことん追求。

 最後には「うん、うん」と力強くうなずき、自身も納得のいく渾身の映像に仕上がった。

 別室で行われた音声収録では、より細部まで歌声の確認を繰り返し、数回にわたって歌の収録を行った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)