新社会人からの相談に笑顔で答える広瀬すず、松坂桃李

 広瀬すず、松坂桃李が8日、都内で行われたW主演映画『流浪の月』(5月13日公開、李相日監督)フレッシャーズ試写会に登壇。この春新たな一歩を踏み出した新社会人へエールを送った。

 【動画】甘え知らずの横浜流星、広瀬すずの膝枕30分も体重かけられず

 凪良ゆう氏による小説が原作。10歳のとき以来、誘拐事件の“被害者”というレッテルを貼られて生きてきた女性・家内更紗(かない・さらさ)を広瀬が、その事件の“加害者”としてのレッテルを貼られて生きてきた当時19歳の青年・佐伯文(さえき・ふみ)を松坂が演じる。

 この日は、試写会に出席した新社会人から質問を受けた。

 困難な状況になった時の対処法を聞かれ、広瀬は「我慢せずやりたいこと、好きなことに没頭する時間と、信頼できる人に遠慮なく甘えること。その時に助けてもらったから私も周りの人を助けたいと思っている」。もともと20歳までは甘えることができなかったという。「話すことで楽になれて、心の言葉として会話ができる、話せる人には言うようにしています」

 松坂は「1回立ち止まるかもしれないです」とし、「忙しないと感じていた時に、この作品はどう向き合えばいいんだろうと思って、周りの事を気にするあまり『やらなきゃ』とやってしまって。でもそこで立ち止まってみるのも勇気の一つ。たくさんやらないといけないなかで自分がやれることが見えてくる。そこをピックアップして集中してやると突破口になって乗り越えられる」

 また、希望の部署に配属されなかった時のためにエールを送ってほしいという要望には、松坂は「この作品をやりたいのにできないと思うことがありました。でも今思うとその作品をやったからこそこの作品に繋がっていると思うことがある。今振り返ると最短ルートだったなと。そう思うことで、その部署でもいい意味で割り切ったマインドでいけると思う。そう思えたら気が楽になると思う」とし、様々な経験をすることで「その道の幅が太くなると思う」と助言。

 一方の広瀬は「その瞬間は答えは出ないけど、のちに自分の運命やタイミングというものがあったと思える。私自身、必死に目の前の事にしがみついている時間が長くて。良かったなと思うことは何年か経って感じることがあって、私にはこれしかなかったと実感する機会が増えています。きっと神様がこっちの方がいいよと言ってくれているんだと、心のどこかで感じながらが良いと思います」とアドバイスを送った。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)