中森明菜デビュー40周年記念第三弾リリースとして、デビュー・アルバム『プロローグ<序章> AKINA NAKAMORI FIRST』、2ndアルバム『バリエーション<変奏曲> AKINA NAKAMORI SECOND』、1stミニアルバム『Seventeen』のリリースが7月1日に決定した。

 1982年5月1日、「ちょっとエッチな美新人娘(ミルキーっこ)」というキャッチフレーズで中森明菜が「スローモーション」でシングル・レコード・デビューして、今年で記念すべき40周年。デビュー記念日の2022年5月1日(日)に『「スローモーション」&「はじめまして」BOX(7inchピクチャー・レコード+Blu-ray)』を完全生産限定でリリースするも、発売前から予約殺到で即完売状態。そして早くも2日、デビュー40周年記念第三弾リリースとして、デビュー・アルバム『プロローグ<序章> AKINA NAKAMORI FIRST』、2ndアルバム『バリエーション<変奏曲> AKINA NAKAMORI SECOND』、1stミニアルバム『Seventeen』のリリースが7月1日に決定した。

『バリエーション<変奏曲> AKINA NAKAMORI SECOND』ジャケ写

 今回の再発にあたり、ライヴ・アルバム『AKINA EAST LIVE INDEX-XXIII』同様、高音質「2022ラッカーマスターサウンド」を採用。しかもファン垂涎の、史上初の全曲オリジナル・カラオケ(2022リマスター)付きでリリース!オリジナル・アルバムに関しては2枚組でのリリースとなる。また、解説は40年前の中森明菜初代ディレクター&プロデューサーの島田雄三氏が執筆。2ndアルバム『バリエーション<変奏曲> AKINA NAKAMORI SECOND』には、ボーナス・トラックとして、2ndシングル「少女A」のカップリング曲「夢判断」(アルバム未収録曲)を収録!そして封入特典も復刻!デビュー・アルバム『プロローグ<序章> AKINA NAKAMORI FIRST』には、「豪華歌詩カード&ミニポスター」を復刻封入。2ndアルバム『バリエーション<変奏曲> AKINA NAKAMORI SECOND』にも「ミニポスター」を復刻封入。更に、オリジナル発売当時、カセットテープのみに封入されていた「両面フォトカード」(『プロローグ<序章>』:1枚、『バリエーション<変奏曲>』:3枚セット)を復刻し、各初回プレス分のみ封入。

『Seventeen』ジャケ写

 今後、ワーナーミュージック・ジャパンでは、中森明菜が残した全てのオリジナル・アルバム(14作品)、ベスト・アルバム(4作品)及びミニアルバム(5作品)を、今後約2年に渡り、発売順にリリース予定。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)