ひまわりを演じた玉城ティナ

 神木隆之介、柴咲コウ、松村北斗、玉城ティナ、磯村勇斗、吉岡里帆、蜷川実花監督が4月29日、都内で行われた映画『ホリック xxxHOLiC』初日舞台挨拶に臨んだ。

 【写真】ひまわり演じる玉城ティナとアカグモ演じる磯村勇斗

 累計1400万部突破の創作集団・CLAMPのコミックが原作。人の心の闇に寄り憑くアヤカシが視えることで孤独に生きてきた高校生・四月一日(神木隆之介)が、対価と引き換えにどんな願いも叶えてくれる「ミセ」(店)に迷い込み、ミセの女主人・侑子(柴咲コウ)と出会うことで、不思議な運命に足を踏み入れていく様子が描かれる。

 この日は映画の内容にちなんだ質問が登壇者に出された。そのうちの「特殊能力を持っていそうな人」という問いに、神木隆之介は、四月一日の同級生・ひまわりを演じた「玉城ティナ」を挙げた。

 神木「玉城さん、目力すごくないですか? 直接、人の脳内にメッセージを届けられるじゃないかと思うぐらい」

 この日の模様はライブビューイングされた。神木の提案でカメラ越しの観客に目だけでメッセージを送ることになった玉城。カメラに視線を送る。

 「なんてメッセージ送ったの?」という神木に「朝ごはん、ちゃんと食べた?って」と笑う玉城。神木は改めてその“目力”に「それほどの強さがあって。まっすぐ物事を見ている方なんだと。芝居の時からそう思っていました」と明かした。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)