(C)STU/KINGRECORDS

 STU48が13日、8thシングル『花は誰のもの?』発売記念配信イベント『生ドラマ!投票速報!新曲初披露!STU48 第二章開幕SP!』をLINE LIVEで行った。

 ドラマミュージックビデオ『光は君に、あの日々に。』上映後に、石田千穂、瀧野由美子、中村舞が、3人の主人公のその後を描いた“生ドラマ”に挑戦した。

 ドラマパートが終了すると、おりづるタワーおりづる広場で収録された、新曲「花は誰のもの?」のパフォーマンスが初披露された。シングルリリース発表時にトライアングルセンターという新機軸を打ち出していたが、この日のセンターは初めてセンターに選ばれた中村舞がつとめた。

 振り付けは、これまで何度もSTU48を担当してきたCRE8BOY(クリエイトボーイ)が手掛けている。今回は、3人のトライアングルセンターが絡み合いながらポジションを変化させていくが、随所に“花”を表現するフォーメーションがあり、楽曲のもつメッセージ性のある世界観をしなやかに表現した。

 つづいて、ボールボーイ佐竹がMCを務める恒例の企画コーナーに。ドラマミュージックビデオが話題となり、メンバーの演技力が注目されているということで、「ホラー映画・仮オーディション」と題しメンバーの演技力を披露することに。

 設定は仕事終わり、シャワーを浴びていると怪しいモンスターがやってきて「キャ~!!」と叫ぶというもの。チャレンジしたのは、沖侑果、小島愛子、吉崎凜子の3人。沖は「変態〜〜」と叫び「いくら霊でもシャワーを覗くのはコンプライアンス違反ですよ」コンプライアンスネタでやりきり感を出した。小島はシャワー中に「最近ツインテールやミニスカートキツいって言われるんだよね〜」と実際にシャワーしている空気感と自虐ネタをはさみ迫真の演技で「きゃー」と叫び周りからは「そんなことないよ〜」という声も。吉崎は「こりゃ〜びっくりだ!」とかなりの大根っぷりを見せまわりを失笑させるなどとそれぞれ違った演技で楽しませた。

(C)STU/KINGRECORDS

 そして、ファンが選ぶSTU48瀬戸内PR部隊Season2の選抜メンバー10位から1位と全国ツアー開催候補地の7位から1位までの速報順位が発表され、メンバーは尾崎世里花、全国ツアー開催候補地は尾崎の出身地でもある長崎県が1位を獲得。2期生の躍進に視聴者もメンバーも驚きとともに歓喜の声が溢れた。

 投票は5月2日の正午まで受け付けられ、翌日の広島グリーンアリーナでの5周年コンサートで最終結果が発表される。

 番組の最後にはキャプテン今村が「5月3日には広島グリーンアリーナでのコンサートがあります。結成6年目に向けた節目のコンサートになりますので、本日発売の『花は誰のもの?』を盛り上げて行きつつも5周年コンサートでみなさんに会えたらいいなと思っております。『花は誰のもの?』は、カップリングまですべていい曲ですのでたくさんお聞きください!」と思いを述べ、番組は幕を閉じた。

(C)STU/KINGRECORDS

 なお、この日披露された生ドラマは、本編に引き続き金井純一監督が脚本を書き下ろした。高校卒業後、久々に再開する3人。それぞれが別の道を進んでいるが、ドラマミュージックビデオで描かれていた瀧野の病気は、歌を歌うことはできるように回復に向かっている。屋上からは広島の夜景が見渡せるが、3人の目線の先には広島最大規模のアリーナとして数々のアーティストがコンサートを開催してきた広島グリーンアリーナが。

 「自分の力とか、自分の笑顔で誰かを幸せにできるなら。それを目指して進んでいきたいなーって思う」(石田)「そうだ、いつかグリーンアリーナで歌ってみたい」(瀧野)というセリフが語られたが、5月3日にはSTU48として、グループ結成当初からのメンバー達の悲願でもあった同会場での5周年記念コンサートの開催が予定されているともあって、ドラマの役柄を通して現実のSTU48としての彼女たちの決意表明にも捉えられる内容となった。

 なお広島の観光スポットであるおりづるタワーが舞台となった。

■STU48瀬戸内PR部隊 Season2 速報結果

▽選抜メンバー
1位:尾崎世里花(2期生)
2位:矢野帆夏
3位:中村 舞(ドラ3)
4位:吉崎凜子(2期生)
5位:谷口茉妃菜
6位:沖 侑果(ドラ3)
7位:石田千穂
8位:甲斐心愛
9位:福田朱里
10位:原田清花(2期生)

▽全国ツアー候補地
1位:長崎県
2位:沖縄県
3位:東京都
4位:神奈川県
5位:福岡県
6位:広島県
7位:宮城県

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)