映画『はい、泳げません』ビジュアル(C)2022「はい、泳げません」製作委員会

 長谷川博己が主演、綾瀬はるかが共演する映画『はい、泳げません』(6月10日公開、渡辺謙作監督)の初映像となる30秒本予告が解禁となった。予告で使用される主題歌2曲はLittle Glee Monsterが本作のために書き下ろした新曲となる。

 【場面写真】プールで笑顔、水泳コーチ綾瀬はるか

 高橋秀実氏の同名著書が原作。泳げない男と泳ぐことしかできない女の希望と再生の物語。長谷川博己は水に顔をつけることもできないほどのカナヅチなのに、頭でっかちな言い訳ばかりするカタブツな哲学者・小鳥遊雄司を演じ、主人公に水泳を教えるコーチ・薄原静香を綾瀬はるかが演じる。

 公開された本予告。「もし僕が溺れたらどうなりますか!」そう言って、スイミングスクールの受付で額に汗をかきながら訴えているのは小鳥遊雄司(長谷川博己)。彼が震える声で話す相手は、「私が助けます」と自信たっぷりに答える水泳コーチ、薄原静香(綾瀬はるか)。

 入会したスイミングスクールで同じクラスとなった中年女性たちに、面白おかしく励まされながらなんとかプールに入ろうとするも、水に怖気付く小鳥遊は静香コーチから「たかなし!」と呼びすてにされるシーンも。

 Little Glee Monsterの軽やかでアップテンポな楽曲「magic!」のリズムに乗せて、「子供みたいな」小鳥遊のコミカルでありながら必死で泳ごうとする姿が描かれる。

 そんな明るいシーンから一転、小鳥遊が見せるのは「怖いんです。思い出すのが」とシリアスな姿だ。水を恐れることになった雄司のある決定的な理由とは…?

 御徒町凧が作詞、森山直太朗が作曲を手がけLittle Glee Monsterに提供したバラードナンバー「生きなくちゃ」は、そんな雄司に寄り添いそっと背中を押してくれるような優しさに溢れている。泳げない雄司と泳ぐことしかできない静香。

 正反対の二人がプールで出会い、水泳を通じて自らの過去に対峙していく。もう一度自分らしく生きるため、苦しい再生への第一歩を踏み出す小鳥遊に、心からエールを送りたくなる30秒本予告となっている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)