吸い込まれる吸引力、即表紙に決まった白石麻衣のカット:『ar』4月号(主婦と生活社)

 白石麻衣が、発売中のファッション誌『ar』4月号(主婦と生活社)の表紙を飾った。テーマは「白石麻衣ずかん」。春らしい桜を頭に飾る「サクラまいやん」、ファンに褒められて自分の笑顔が好きになったという「すまいるまいやん」など、全7ポーズを披露している。

 【写真】「サクラまいやん」透明感溢れる白石麻衣:『ar』4月号

 白石がお気に入りなのは「この色は持っていないので新鮮でした」という水色のスウェットコーデ。このスウェットを着て偶然上アングルから撮影した際に生まれた“上目遣いまいやん”の吸引力に現場も騒然としたといい、即表紙に採用となった。ar公式SNSではすでに「透明感えぐ!上からまいやんえぐ!!」「ミスパーフェクト」など絶賛の声があがっている。

 インタビューでは「人とはできるだけ比べたくない」「同世代の子とたくさん話す」など白石が考える「カワイイ偏差値を上げる方法」や、「最近は過ごしずつ余裕をもってお仕事できるようになってきました」という卒業して約1年半たった現在の心境などを約6000字に渡って語ってる。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)