一星(佐野勇斗)は“真犯人”じゃなかった!?(日本テレビ)

 佐野勇斗が出演する、日本テレビ日曜ドラマ『真犯人フラグ』第19話が6日放送され、佐野演じる一星は実は“真犯人”と思わしき何者かに脅されていたことが判明。一星を脅迫していた“真犯人”の姿が浮き彫りになった。※ネタバレを含みます。

 6日放送された第19話で、一星(佐野勇斗)が何者かから「すべての罪をかぶれ」と指示されて動いていたことがわかった。前回第18話で一星が、これまで凌介(西島秀俊)の周囲で起きていたことの数々の出来事は自分が仕組んでいたことだったと告白し、警察に逮捕されていた。

 第19話では、どうしても一星のことを信じたい光莉(原菜乃華)が、凌介とともに警察へ。光莉は一人で取調室に駆け込むと、部屋を内側から封鎖。一星の本心を引き出す賭けに出る。一星は光莉を守ろうと、ようやく真実を話す決心をして…。

 “真犯人”と思しき何者かに、光莉を匿っていることがばれ、「指示に従わなければ母親を危険に晒す」と脅されていた一星。告白した罪のうち、どこからが母・すみれ(須藤彩)を守るために従った“真犯人”からの指示だったのか? そして、陽香(生駒里奈)との関係の意外な実態も判明する――。

 今回も放送中から話題になった。大切な人を守ろうとする一星の姿に感動したとの声や、光莉の思いに涙した一星の姿に「泣いた」「号泣」との声も。また前回では豹変ぶりを披露しているともあって「一星君サイコパスじゃなくてよかった」や「一星は犯人じゃないって信じてたけど、やっぱりいい人で本当よかったですよね」との声もあった。

 一星を脅迫していた“真犯人”の姿が、ついに浮き彫りに。はたして、それは誰なのか?

 TVerでは放送後1週間、無料で視聴可能だ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)