ティザービジュアル(C)2022「流浪の月」製作委員会

 広瀬すずと松坂桃李をW主演を務める映画『流浪(るろう)の月』(李相日監督)が5月13日に公開されることが決定。合わせて、ティザービジュアルと特報映像が解禁となった。

 凪良ゆう氏の小説が原作。10歳の時に、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かない・さらさ)を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文(さえき・ふみ)を松坂が演じる。

 また、事件から15年経った現在の更紗の恋人・亮を横浜流星が、癒えない心の傷を抱える文に寄り添う看護師・谷あゆみを多部未華子が演じ、加えて、趣里、三浦貴大、白鳥玉季(子役)、増田光桜(子役)、内田也哉子、柄本明らが共演に名を連ねている。

 先日発表された、初の作品ビジュアルも大きな反響を呼んでいる本作から、特報映像が解禁となった。

 解禁された映像は、「その男、家内さんを誘拐した犯人よね?」という不穏な言葉で始まる。雨の桟橋に佇む更紗、連行される文の裸足の足もとなど、彼らの人生を揺さぶる波乱の予兆に緊張が漂いながらも、更紗、文、亮、谷それぞれのやり場のない表情に心揺さぶられる内容となっている。ホン・ギョンピョの撮影した美しい映像にも注目したい。

 併せて、ティザービジュアルも解禁された。思わず引き込まれそうになる、消せない烙印を背負った更紗と文の姿に加えて、初披露となるのは更紗と文の恋人である亮と谷。それぞれの関係について何か思い詰めるような表情が並ぶ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)