(C)2022 映画『極主夫道』製作委員会

 2020年に高視聴率を記録した玉木宏主演ドラマ『極主夫道』(YTV・NTV系列)が映画化され、『極主夫道 ザ・シネマ』として今年初夏に公開される。このほど、本作のティザービジュアル、特報映像が解禁された。

 主演は玉木宏。数々の伝説を残した最凶の極道“不死身の龍(たつ)”が、足を洗い選んだ道はなんと専業主夫。極道時代の外見や言動が抜けておらず、強面にグラサン、スーツの上に柴犬のキャラクターがプリントされたエプロンを身につけ、高すぎる主夫力で料理、洗濯、掃除など家事全般に命を賭け、時にはご近所のトラブルに奮闘。

 玉木宏が全身全霊、変顔・爆笑アクション連発で演じる“史上最強の主夫”のキャラクター は腹筋崩壊の爆笑コメディとして話題になった。

 完成したティザービジュアルは2種類。いずれも撮り下ろしで本作の映画化をイメージしたビジュアルとなる。

 1つは、まるで映画監督のようにディレクターズチェアに座り、こちらを見つめる龍。カメラやカチンコが置かれ、高すぎる“主夫力”で作ったお弁当も。コピーの通り、腹筋崩壊の爆笑コメディが映画化することを祝うド派手なイメージだ。

 もう1つは、映画館でポップコーンをオススメしている龍。怖すぎる外見と、極道時代の言動が抜けないことで誤解やトラブルを起こしがちな龍だが、こちらのビジュアルでの恐ろしい笑顔と物騒なボキャブラリーでポップコーンをオススメする姿が、テレビ版で全国を爆笑させた史上最強の主夫が映画館に降臨することをイメージさせる。

 特報映像には、豪華キャスト陣が演じる“不死身の龍”に負けない強烈なキャラで人気を集めたキャラクターが続々登場。

 川口春奈が演じる龍の妻・美久(みく)は、デザイナーとして働くキャリアウーマンだが料理はどヘタクソ、龍が暴走しそうになると繰り出すラリアットやヘッドロックでの強烈ツッコミが特技で、特報映像でも絶叫しながらハリセンで龍を強打したり、自慢!?の料理を振る舞う姿も。

 志尊淳演じる龍の元舎弟・雅(まさ)は、天然で不器用、アニキと慕う龍に振り回されるキャラクターだが、今回も龍によって何やらろくでもないことに巻き込まれている様子。

 龍がかつて属していた極道事務所「天雀会」(てんじゃくかい)会長の江口菊次郎(えぐち・きくじろう)とその妻・雲雀(ひばり)を演じる竹中直人&稲森いずみ、龍と美久の子供・向日葵(ひまわり)を演じる白鳥玉季。

 龍の宿命のライバルにして、足を洗いクレープ屋を営む虎二郎(とらじろう)を演じる滝藤賢一らの姿も。

 日本中を爆笑させたドラマ「極主夫道」のエッセンスが凝縮され、さらにスケールアップしてお送りする『極主夫道 ザ・シネマ』の内容を期待させる映像となっている。

 さらに、特報映像の最後には、豪華ゲスト出演者が演じる新キャラクターを匂わせる映像も。近発表する新キャストにも期待だ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)