Netflixシリーズ『新聞記者』

 横浜流星が、来年1月13日に全世界同時配信されるNetflixシリーズ『新聞記者』に出演することが決まった。

 2019年6月に劇場公開され、大きな話題を呼び大ヒットした映画『新聞記者』。近年の政治事件やスキャンダルに正面から切り込み、タブーに挑戦したといわれる衝撃的な内容とスリリングな展開、スタイリッシュな映像で第43回アカデミー賞の最優秀作品賞を含む主要3部門を獲得したほか、多くの映画賞を受賞した。

 その衝撃の問題作がさらにスケールアップし、全6話のドラマとしてキャストを一新する“新聞業界の異端児”と呼ばれる主人公の東都新聞社会部記者・松田杏奈を、圧倒的存在感でさまざまな“闘う女性”を演じてきた米倉涼子、監督は映画版に引き続き、藤井道人が務めることは既にアナウンスされていたが、超豪華なキャスト陣と予告映像・ティーザーキーアートも初解禁される。

 『ヤクザと家族 The Family』(21)での藤井道人監督とのタッグも記憶に新しい綾野剛が、理想を抱きつつも組織の論理に翻弄される若手官僚・村上真一役を演じる。また、藤井道人監督がNetflix版「新聞記者」でどうしても描きたかったというキャラクター、新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮役を横浜流星が演じる。映画版にはなかった一般市民、特に若者の視点から物語が描かれる。

 さらに、自分の意思に反し改ざん作業を強いられる公務員・鈴木和也とその妻・真弓を、映画界屈指実力派である吉岡秀隆、寺島しのぶのコンビが熱演。複雑に絡みあう物語の脇を固めるのは、吹越満、田口トモロヲ、大倉孝二、田中哲司、萩原聖人、柄本時生、土村芳、小野花梨、橋本じゅん、でんでん、ユースケ・サンタマリア、佐野史郎と、日本映画界を代表する演技派が集結し、骨太な物語に風格とリアリティをもたらしている。

 あわせて、本作のティーザーキーアートと予告編も解禁となった。

 予告編では、あるひとつの国会答弁にまつわる映像から始まる。官邸記者会見で忖度なしの質問を連発する東都新聞記者・松田杏奈(米倉涼子)、エリート若手官僚として職務に邁進する村上真一(綾野剛)、そして政治には興味も知識もない就活中の大学生・木下亮(横浜流星)。メディア、官僚、市井の人々...異なる世界に生きる3人が、世間を震撼させたあるスクープをきっかけに、運命が交わり始める。圧殺される個人の意志と、それを受け継ごうと闘う人々のそれぞれの正義がせめぎ合う中、松田の「この国は変わらないといけないんです」という切実な台詞で映像は締め括られる。ティザーキーアートでも3人それぞれの表情が自分の守るべきものと現実との間で、葛藤に苦しんでいるような表情を見せる。

 横浜流星は来年1月期TBS×海外共同制作ドラマ日曜劇場『DCU』、主演映画『DIVOC-12 名もなき一篇・アンナ』、映画『あなたの番です 劇場版』、主演映画『嘘喰い』、映画『流浪の月』など主演作品含め、様々な作品に出演することが決定している。そんな横浜が就活中の大学生・木下亮をどう演じるのか期待される。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)