丸山隆平

 関ジャニ∞の丸山隆平が9日放送のTBS系『サタデープラス』に出演し、ジャニーズ事務所の先輩で映画『燃えよ剣』で主演を務めた岡田准一にインタビューを実施。同映画を3回鑑賞したという丸山が、岡田に「会うの怖かった」などと語る場面があった。

 この日の放送で、岡田への対談形式のインタビューをおこなった丸山。岡田は、作家の司馬遼太郎さん原作で、原田眞人氏がメガホンを執った映画『燃えよ剣』で主人公・土方歳三を演じている。

 ジャニーズ事務所の先輩後輩でもある両者。同作にはHey! Say! JUMPの山田涼介も沖田総司役で出演しており、対面の際に岡田は「山田は来ないんですね? 呼べば来るかもしれないけど」と話をふると、丸山は「2人は用意してないっすわ」と苦笑い。気の合ったところを見せた。

 丸山から「この作品との出会い」を尋ねられ、自身が石田三成を演じ、原田氏が監督を務めた2017年公開の映画『関ケ原』での逸話を紹介する岡田。原田監督から「次、何する? 『燃えよ剣』どう?」と聞かれ、「イイっすね」と応じたという。

 そして「“イイっすね”でだから決まった」と笑顔で出演の経緯を語った岡田に丸山は「“喫茶店行こうよ”くらいの…」と驚き。さらに「歴史の番組をもってて、土方歳三さんを特集したことがあって、その時に初めて“この役はやるかもな”」と感じたことを岡田が述べると、丸山は「なんすかそれ。すごい怖いんですけど」と岡田と“土方歳三”の出会いに驚いていた。

 さらに丸山は「もうでも今めちゃくちゃ(役が)抜け切ってますもんね」と目の前にいる岡田の印象を語ると「全然いない」とうなずく岡田。「『燃えよ剣』を3回観たんですけど」と続ける丸山は、「もう、ちょっと今日会うの怖かったですもん」といい、“土方歳三”岡田に恐れを抱いていたようだ。

 これに「全然いないです。片時も。僕、抜けるの早いんですよ」と自身について触れる岡田。丸山はなかなか役柄が抜けないタイプがいることを尋ねるが、それを遮るように岡田は「ちょっと待って。3回も観てくれたの?」と笑顔を見せながら丸山が『燃えよ剣』を3回も鑑賞したことに驚きの表情を見せた。

 その上で、「鑑だよ。インタビューしてくれる人の鑑かも」とも述べた岡田。この日の対談のために3度、映画を鑑賞した後輩を絶賛していた。

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)