大友啓史監督、武井咲、佐藤健、新田真剣佑

 佐藤健、武井咲、新田真剣佑、大友啓史監督が8日、都内で映画『るろうに剣心 最終章 The Final』IMAX(R)公開記念イベントに臨んだ。

 大ヒットを記録した『るろうに剣心』シリーズの最終章。『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』としてそれぞれ4月23日、6月4日に2作連続で全国公開。また、『The Final』は超高解像度のIMAXでシリーズ初上映される。

 それに先立ち、佐藤健、武井咲、新田真剣佑、大友啓史監督が「るろ剣」制作スタッフと大画面スクリーンでのIMAXを体験した。

 これまでに本作を何度か試写した佐藤は今回の大画面で、縁(えにし)を演じた新田に着目していたという。「まっけんのまつ毛だけ見ていて、まつ毛が2メートルぐらいあるんじゃないか。縁は横顔のアップが多かったから」と表情を緩ませて語った。

 高解像度と大画面によって、キャラクターの奥の感情が繊細に映し出されると語った大友監督。新田は大友監督の言葉を引き合いに「監督が目の奥が見えると言ってましたが、これまで見ていた試写とは違う、一人一人のキャラクターの目の奥が見える」と語った。

佐藤健

 また、剣心と縁のアクションシーンではIMAXでより迫力があったとし、佐藤は「細かいところをやっていることが分かる。それはアクション以外もそうで、我々の細かい所が画に映っている。情報として漏れ落ちていないことに喜びを感じました」

 新田も「観ながら自分の体が動いていました。覚えているんでしょうね。手の汚れも見える」と細部まで映し出されていると改めて語ると、佐藤は「現場で楽したらダメだと改めて思った。手を汚すことも面倒くさいと思うけど、細かい所までやらないと」と気を引き締めた。

 更に「ディテールが細かい分、メイクの細かさや、傷の細かい所も見える。手が抜けないなと我々としては思う」とすると、監督は「我々としては汚しが効いているなと思う。血が流れる所で流れていなかったり、やれていないことが分かる。レベルが上がって行くと思う」と期待を寄せ、その上で「2人の攻防、アクションにも無駄な手がない」と絶賛した。

新田真剣佑

 この日は『The Beginning』もIMAXで上映されることが決まったと発表。佐藤は「非常に喜ばしい。今日みたいな試写会をまたやりたい」と喜んだ。

 日本の作品がもっと世界で見られるようになって欲しいと期待を寄せる佐藤は大友監督に「監督のような人が先頭に立って、日本のエンタメを引っ張ってほしい」

 更に「この作品、監督との出会いがなければ今の自分は間違いなくいない。自分を信じてくれて、引き出してくれたことを非常に感謝しています」と監督を始め、キャスト、スタッフに感謝を伝えた。

武井咲

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)