2人組アーティスト・ゆずが6日、楽曲『イマサラ』のミュージックビデオをYouTube Official Channelでフルサイズ公開した。

 『イマサラ』は、昨年3月にリリースされたゆずの最新アルバム『YUZUTOWN』に収録。エスニックなサウンドに、「マサラ」「サフラン」「ナン」などインドを連想させる歌詞が散りばめられたミクスチャーロックナンバーで、ソリッドなギターリフや中盤のラップパート、リズミカルなメロディが特徴的な、アルバムの中でもひときわ異彩を放っていた楽曲だった。

 ミュージックビデオは2019年12月に撮影が行われ、当時現役高校生だった映像作家・マルルーン氏が監督・撮影・編集を担当。楽曲の持つ“インド”のイメージを自由にクリエイティブし、粗い画質の中で、カレーやインドの映像内にはめ込まれたゆずが歌唱&ダンスをパフォーマンス。さらに、人気YouTuberのアバンティーズ、アイドルグループ・でんぱ組.incの根本凪と鹿目凛、新希咲乃、ニッチロー、掟ポルシェ、池田晶紀、マグ万平、レンタルなんもしない人、Wienners の∴560∵など、ボーダーレスな幅広いジャンルのキャストが特別出演。インドから派生し、チープでカオスな世界観が繰り広げられた映像となっている。

 当初はアルバムリリース後、開催予定だったアリーナツアーに向けて公開準備を進めていたが、新型コロナウイルスの影響でツアーが延期(後に全公演中止)となり“お蔵入り”に。

 しかし、このほど5月29日・6月5日にオンラインライブ「YUZU ONLINE LIVE 2021 YUZUTOWN / ALWAYS YUZUTOWN Supported by 日本生命」の開催が決まったことから、1年の“熟成期間”を経て、満を持して公開が決まった。

 6日21時にミュージックビデオが公開されて以降、SNSではゆず公式ツイッターが事前に発信した #史上最低なゆずのナマステ という不可解なハッシュタグで、ファンが感想を続々と投稿。「なにこれwwww」「出だしから滲み出すやばさ」「こんなの公開していいのwww」「まじでなに?www」など、作品に敬意を表しながらも、想像を越えた内容に、ファンの間でも衝撃が走ったようだ。

 なお、オンラインライブ「YUZU ONLINE LIVE 2021 YUZUTOWN / ALWAYS YUZUTOWN Supported by 日本生命」の視聴チケットも、6日より販売が開始された。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)