マカロニえんぴつの新曲「八月の陽炎」が大正製薬「コパトーン」新CMソングに決定した。こちらのCMは4月15日より全国オンエア開始となる。

 大正製薬「コパトーン」新CMソングを担当するのは、若年層を中心に絶大な支持を集めるマカロニえんぴつ。4月21日には新作「はしりがき」EPのリリースが決定しており、今年に入ってからも絶えず話題を集めるマカロニえんぴつが大正製薬「コパトーン」新CMのために新曲「八月の陽炎」を書き下ろした。新曲「八月の陽炎」は爽やかさを感じさせ、青春を駆け抜ける疾走感溢れる楽曲となっている。

 そのマカロニえんぴつの新曲「八月の陽炎」が使用される大正製薬「コパトーン」新CMは、メインキャストにTVや映画で活躍し、ネクストブレイクが期待される若手俳優の秋田汐梨さんと、伊藤あさひさんを起用し、「全部うまくいく青春なんて、つまんねー」をテーマに、「部活も、恋も、友情も。思いどおりにうまくいく事ってそんなにない。でもそれがぼくらの青春だし、うまくいかないから楽しいんだ。」というティーン世代の想いを表現。

 「夏のぼくらに篇」では伊藤あさひ演じるサッカー部員の、「うちらのUV篇」では秋田汐梨演じるバスケ部員の、それぞれのちょっと甘酸っぱい青春ストーリーを描いている。

マカロニえんぴつ インタビュー

――今回タイアップが決まったときのお気持ちはいかがでしたか?

 マカロニえんぴつがやるからには、いい関わり方で、いい歌を添えられたらなという思いで気合が入りました。

――CMのために書き下ろした楽曲「八月の陽炎」はどのような想いで制作されましたか?

 普段、僕らの曲は「夜」をイメージした曲が多いのですが、日焼け止めの商品なので、暑い日差しに負けぬよう駆け抜ける青春をテーマに、夕焼けや、グラウンドを走る姿などを想像しながら、燃える陽炎をイメージして作りました。また、自分にとって本当に信じられるものを探していくのが青春のひとつだと思うのですが、「全部うまくいく青春なんて、つまんねー」というCMテーマと、サビの最初の「本当のことはひとつだって知りたくない」というフレーズの部分などでリンクしていると思います。

――楽曲「八月の陽炎」について、どんなポイントに注目してもらいいたいですか?

 荒々しいサウンドにしたので、音からも青春の青臭い部分を感じてもらえればと思います。エモーショナルにするために、歌もほとんど撮り直ししないで作りました。また今回はあえてテンポを揃えるメトロノームを聞かずにレコーディングをしたので、テンポがちょっと早くなったり遅くなったりしています。感極まって、最初と最後ではテンポが、かけ離れて早くなっているのですが、それが青春を駆け抜ける感じがだせていて、いい味になっていますので、是非注目してください。

――結成時の学生時代に、バンド活動の中で、うまくいかなかった青春の思い出はありますか?

 路上ライブがうまくいかなかったり、衣装がバラバラだったり、結成当初は、うまくいったことのほうがなかったんじゃないかなと思います(笑)。当時、バンドのミーティングをまじめにやっていたのですが、まともに全員集合したことがなかったです。今は集合時間はみんなあうようになってきました(笑)。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)