西方仁也さん、田中圭、眞栄田郷敦(撮影・木村武雄)

 田中圭、土屋太鳳、山田裕貴、眞栄田郷敦、小坂菜緒(日向坂46)が5日、都内で、映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(5月7日公開)完成披露イベントに臨んだ。本作のモデルとなった西方仁也氏と長野冬季五輪金メダリストの原田雅彦氏がサプライズ登場した。

 1998年の長野冬季五輪でラージヒル団体で奇跡の日本初金メダルを獲得したスキージャンプチームの知られざる裏側を描く。主演の田中圭は主人公の西方仁也役を、土屋は西方の妻役を演じる。

 テストジャンパーとしては、聴覚障害のある高橋竜二役を山田裕貴、代表候補もケガのトラウマを抱える南川崇役を眞栄田郷敦、五輪を夢見る唯一の女子高生ジャンパー・小林賀子役を小坂菜緒(日向坂46)が務めた。

 「人との出逢いが一番」との考えを持つ田中は、作品のモデルとなった西方氏を「最後の最後まで決断できないウジウジとしている姿にイラっとしたと思う。でも人によって影響されてく。その姿に感動しました」と西方氏を演じた身としての率直な思いを語った。

 この日試写した観客の多くが涙を流したことを知ると「だって実話だもん!」と実話が持つ説得力がなせると田中。その実在する人物を演じるにあたっては脚色せずにありのままに伝えたかったとし「自分の思いが違う風に伝わる悔しさは自分も知っている。台本を読んだときに西方さんの気持ちをどれだけ正確に描いているんだろうかと考えた」と明かした。

田中圭、土屋太鳳

 ただ、写実を心掛けるあまり、あるシーンでは「西方さんはそう思うはずがない。思うはずがないけど思わないといけないどうしよう」と悩んだこともあったという。そうしたこともあってか、撮影期間中に西方さんに会うことも「ブレてしまうかもしれない」とためらっていたようだ。しかし、実際に会った西方さんから「そのままやって下さい」と言われ「そこからギアーが入りました」と後ろ盾を得た気分になったという。

 そのうえで「皆さんを感動させた力は実際にあったという事実だと思います。(西方さんと原田さんの)2人の絆を僕らも映画を通して体験させて頂いた」と振り返った。この日サプライズで登場した西方さんも「監督は隅から隅まで話を聞いてくれて、自分達が思ったことを形にして下さった」と感謝した。

 更に田中は、作品の名台詞を引き合いに「エンドロールには数えきれないほどのスタッフやキャスト、関係者、そしてロケ地、長野ロケでエキストラで参加してくださいった県民の皆様。そしていろんな作品や僕らの人生などが合わさった。一人でできることはゼロだと思っています。映画を見てストーリーが勝っている、主役が立っている、脇役が光っているというのではなく全員。観終わった後に自分も負けていられないなと明日から頑張るという思いをくれた。『みんなだよ、みんな』という思いが伝われば」と伝えた。

 一方で「…なので、みなさん宣伝をお願いします。金メダルを獲りたいので!」とPRも忘れなかった。そんな田中の首に、原田さんが金メダルをかけた。田中は「重いですね。グッときちゃいました」とメダルを持ち感慨深く語った。

田中圭

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)