“歌怪獣”こと島津亜矢が、4月4日に生放送された、TBS「本当のとこ教えてランキング」プロのクラシック声楽家が選ぶ本当に歌がうまい日本人歌手最新ベスト50の3位にランクインし、番組からのリクエストで声楽家とのスペシャルコラボによるYOASOBIの「夜に駆ける」を生放送で披露した。

 島津亜矢に票を投じた声楽家陣からも、「どんなジャンルも歌いあげる変幻自在の歌姫」と称された。

 その圧倒的歌唱力と表現力から“歌怪獣”とも称される彼女は、自らのライフワークとも語る “演歌を歌わない”カバー企画「SINGER」シリーズやコンサートが好評で、最新作となる「SINGER 7」が先日発売されたばかり。今作では前回の放送で歌唱し出演者や視聴者に「度肝を抜かれた」と言わせた、King Gnuの「白日」や、Official髭男dismの「Pretender」、安室奈美恵の「Hero」、秦基博の「ひまわりの約束」や、洋楽も含むカバー全15曲が収録されている。

 YOASOBIの「夜に駆ける」歌唱後から、「島津亜矢の凄さを再確認出来た」「才能と才能のぶつかり合いに鳥肌が立った」「生放送のスタジオで聞けた人が羨ましい!」といった声がネット上に溢れ、Twitterのトレンド1位になるなど大きな反響を集めた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)