SHINeeが4日、オンラインコンサート「Beyond LIVE - SHINee : SHINee WORLD」を開催した。「NAVER V LIVE」を通して全世界に生中継され、SHINeeにとって初のオンラインコンサートであり、約3年ぶりの単独コンサートとして注目を集めた。

 SHINeeはメンバーのオンユ、キー、ミンホの兵役後、初のアルバム『Don’t Call Me』を2月にリリースし、iTunesトップアルバムチャート全世界47地域で1位を獲得するなど、変わらぬ人気を証明。

 今回のライブも、アメリカ、日本、イタリア、デンマーク、ギリシャ、アラブ首長国連邦、中国、イギリス、ドイツ、インド、サウジアラビア、スウェーデン、コスタリカ、エクアドル、ポーランド、ハンガリーなど全世界120カ国から約13万がリアルタイムで視聴。

 さらに「#SHINee」、「#SHINee_BeyondLIVE」などのハッシュタグもコロンビア、カナダ、ニュージーランド、アルゼンチン、ポルトガル、チリ、インドネシア、マレーシア、メキシコ、フィリピン、シンガポール、ペルー、ロシアなどでTwitterリアルタイムトレンド1位を獲得。SHINeeのグローバルパワーを見せつけた。

左からオンユ、ミンホ、テミン、キー

 ライブは椅子を使ったパフォーマンスが特徴の「Good Evening」からスタート。続けて、「Dream Girl」、「I Really Want You」、繋げて1曲のように披露された「Heart Attack」からの「Married To The Music」と、冒頭5曲はシンプルな演出で4人のパフォーマンスで魅せる。さらに「Dream Girl」、「I Really Want You」、「Heart Attack」などは生バンドの演奏も加え、この約3年間、SHINeeのライブに飢えていたファンたちに、敢えて、派手な映像やオンラインの技術は多用せず、生身の彼らから発せられる熱を感じさせる。

 テミンが日本語で「皆さんお会いできてうれしいです。今回の公演のためにみんなと頑張って準備したので、最後まで期待してください!」と呼びかけた他、メンバーが各国のファンへさまざまな言語で挨拶をしたMCを挟み、次のブロックでは、冒頭とは一転、オンラインコンサートならではの演出で魅了する。

テミン

 「Hello」では、キーがステージを囲む画面に映し出されるオンラインでつながったファンに向かい「一緒に(歌って)!」と呼びかける。「Attention」では、ステージ上のカメラに歌いかけるメンバーと、画面を通して目が合うようなカメラワークも取り入れ、中盤からはメンバーがパールアクアグリーンの風船が浮く、ファンシーな空間に入り、そこから歌っているような一幕も。最新鋭の技術との相性の良さも見せる。

キー

 このライブのために撮影したという「Chemistry」の映像からのブロックは、衣装を赤と白を基調にビジューをあしらった華やかなジャケットスタイルから、ポイントにパールアクアグリーンとゴールドを使った白地の中世貴族風のものに着替え、少年から青年、そして大人の男性へと変化を遂げてきた、今の彼らの魅力を迸らせる。

 最新曲「CΦDE」では曲の緩急に合わせて、時にクールに、時に妖艶な表情を浮かべ、大人な愛の歌を魅惑的に表現。一方、彼らの代表曲と言える「Sherlock」、「Everybody」では、これまでのパフォーマンスに変化も加え、今の彼らだからこそ見せられる力強さの中に、儚さもはらんだものに。ここからまた一歩先へ、自分たちの道を歩き出そうとする姿勢のようなものも感じさせる。

 2度目のMCを終えると、ライブはいよいよ後半戦へと突入。最新アルバムの表題曲「Don't Call Me」では、リアルから、事前に収録された映像につなげ、6冠獲得を獲得した韓国の音楽番組への出演の際に着用していたMV衣装などに早変わりしていく構成で、応援してくれたファンへの恩返しのような一面も。さらに、映像を挟むと4月12日に発売となるリパッケージ・アルバムから「Atlantis」を世界初公開! 「SHINeeだけの清涼感が感じられる曲」(オンユ)、「愛する人を通して初めて向き合う感情を未知の世界である“アトランティス”に例えた歌詞がポイント」(テミン)という楽曲をファンにいち早くプレゼントした。

オンユ

 また、後半には「Love Like Oxygen」「Selene 6.23」といった、ファン、そしてメンバーにとって思い入れのある楽曲も披露。特に「Selene 6.23」では、白のトップスに着替えた4人が、スモークがたかれ、雲の上にいるかのように見えるステージで、一つひとつの言葉をかみしめるように歌う姿が心を揺さぶった。

 そして、迎えたラストは「An Encore」。SHINeeと言えば、カラフルな衣装を着て、派手なパフォーマンスをしているというのがパブリックなイメージだが、この曲のように実はバラードにも名曲が多い。それぞれの個性と集まったときの圧倒的なハーモニーを織り交ぜ、歌の世界観をたおやかに描く。最後は紙吹雪が舞う中、画面上ではあるが、たくさんのファンに見守られ、オンユが最後のフレーズを力の限り歌い切ると、この日のライブを締めくくった。

ミンホ

 パフォーマンスでは、3年と言う月日の中で、彼らが培ってきたものを存分に発揮していたが、MCでは3年前、いやデビュー当時から変わらない微笑ましいやり取りを繰り広げる。コンサートのサブタイトルを付けようという話になると、最後が“〇〇コン”となる言葉を求めてヒートアップ。特にミンホは歌いながらアピールし、結果、ミンホが提案した“無条件(むじょっこん)”に決定。他にもミンホ、テミンの発言にいちいちキーがツッコミを入れ、オンユがそれを朗らかな笑顔で見つめている場面が多々。こんな側面もSHINeeの大きな魅力の一つだ。また、本編後に行われたアンコールタイムには、オンユがリパッケージ・アルバムの活動後は、しばらくSHINeeとしての新作を出すのが難しくなることに触れて、目に涙を溜める場面もあったが、最後には「もっといい姿を見せたいと思います」と笑顔で約束していた。

左からオンユ、テミン、ミンホ、キー

 SHINee は、今後、4月12日に発売のリパッケージ・アルバム『Atlantis』を携え、再び活動をスタート。さらに日本では4月9日放送のテレビ朝日「ミュージックステーション3時間SP」への出演が決定。同番組へは2011年9月9日に「JULIETTE」で出演した以来、9年7ヶ月ぶりとなり、「Don’t Call Me」をパフォーマンスする予定となっている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)